『くるい きちがい考』 なだいなだ

 まず目に飛び込んできたのが題名。クルッテイル、クルッテイナイについて考える事で、それらを生んでいる「常識」とは何か問い直そうという本。『信じることと、疑うことと』もそうだったけど、脱力系で皮肉屋な文章が良い。
ある人間をクルッテイルとするのは世の中の、いわゆる常識というものであり、その常識というものを問わねば、常識によるクルッタものに対する差別をなくすことは不可能である。ぼくは、そこで、クルイ、キチガイという言葉をつくった常識そのものを考えてみようと思ったのである。(あとがき)
 自分のものさしを持つ人間は、人は人、自分は自分と思う。その人間は、自分に直接被害がおよぶようなとき以外、他人の行動に寛容でいられる。
 反対に、平均的な枠の中に自分を押し込めた人間が持つのは、平均のものさし。平均のものさしを持ち続けるには、つねに他人のものさしに気をつかっていなければならない。だから、世間体というものを、気にする。彼らにとって、平均からはずれた人間は、自分のたよりにしているものさしを動かしてしまう危険がある人間。自分の土台をおびやかす存在に対して激しい敵意を向けることさえある。
 途中で精神分析の話が掘り下げられていくところはちょっと難しかったけど、精神科医と、素人のF君というふたりの対話形式で書かれていて読みやすい。ちょくちょく挿まれる正常、異常に関するエピソードも分かりやすくて面白い。常識っていうものをもっと疑わんとな。
 本当に本当の自分のなかに、常識とされている枠からはずれる部分があるのは当然だし、だれでもどこかで狂いかけている。そんな部分があるから人間は面白いと思います。結構共感できたな。

[PR]
by yuzuruzuy | 2010-07-24 21:45 | 読書 | Comments(0)


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング