『寝ずの番』 中島らも

 映画はマキノ雅彦(津川雅彦)監督。小説を読んで、そのまんま映画も観た。
 まぁ~好きなんですわ、ボク、こういうの。泣けて、笑える。 まぁ、泣かへんかったけども、じーんときて、笑ける。落語家一門のお通夜の噺なんやけども、最近落語聴いてるボクにはほんまジャストミートやねん。落語っちゅうもんには、下ネタとか、エグいこととか、タブーみたいなもんを包み込む深さがありますなぁ。・・・・っちゅう、ヘタな関西弁はここらへんにさせていただきまして。
 お葬式にはある種日本独特の雰囲気がある。形式的になってしまう反面、親戚縁者が故人を通して新しくつながっていくような、実は前向きな儀式。それをコメディにするって言うのはある意味タブーなのだけど、『おくりびと』然り、うまく表現すればこれほど味わい深くできる日本的題材はないのかもしれない。
 内容はここでははっきり書けません。教えたらつまらんから。お通夜の後、仏さんを目の前にして、残された人々が思い出話で盛り上がる。そのネタを提供するのが、酔っ払った落語家たちだから、これは面白い。自分も画面の前でお猪口で日本酒を呷りながら、座の一員となって耳を傾けている気分。いつしか宴会のように唄えや踊れやの、寝ずの番。ラストの唄あそびのシーンに湧き起こる泣けて笑える感情はいったいなんなのだろうか?こんなお通夜があるもんなら、親戚縁者でなくても、参加してみたいもんです。自分のお通夜の晩がこんな賑やかだったら、それはそれで嬉しいじゃろな。
 小説では放送禁止な内容がバンバン書かれていたけど、映画では放送コードを考えた修正がされていてそこに注目するのも面白かった。でも映画もかなり原作に忠実で、良かった。
 下手したらアメリカンコメディのようにものすごく下品な作品になっているところが、日本の人情やら粋でうまくオブラートに包みつつ、うまいこと表現されてます。死をも笑いに還元する日本の芸能、お見事。
♪おれの心は トタンの屋根よ
かわらないのを 見てほしい♪
この唄の意味を知りたければ、読むべし、観るべし。いや、でもあまり他人にススメるべき作品じゃないかも知れない。挿入歌のボブ・マーリーのDon't Worry, Be Happyが、英語なのにマッチしてる。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-05 23:06 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング