Petit 古書店論

先週久しぶりに古書店に入った。

3軒くらいがビルの1フロアに集まる古書センター。

まずはそのなかでいちばんまっとうな古書店を選ぶ。

例えば外からは一見普通の文庫本を置く古本屋、しかしその棚の裏側にいかがわしい色合いの漫画本が並んでいて、キャップ帽にリュック姿の、昭和からタイムスリップしてきたような中年男、さも学術書を探すかのような真剣な眼差しでピンクやイエロー入り混じるサイケデリックな背表紙の列を眺めている。これは、アウトですね。

なるべく冴えない色合いの、まさにブックカバーを外した古い文庫本が持つ控えめかつクラシカルな空気感を店の奥から入口まで徹底して醸し出している、店の中には自分以外の客はいない、ふらっと入っても店主は声を発することもなく、あえて存在を消すかのように何の主張もない服装で静かに佇む、そんな店が良い。

そして時間を忘れて、本の背文字を追いながら、最初は文庫本コーナー、海外文学そして近代文学、映画、美術…どんどんマニアックな棚に進みながら、自分の興味と店の品揃えの接点を探す。これだけで世界が拡がる気がするのだ。ほんの数畳の空間で好奇心が爆発する。何でもあるようで実はないものばかりだったりする大型書店では味わえない感覚だ。

この日買ったのはボードレールの詩集の文庫と安部公房対談集(これはテンション上がった。)

d0137443_23534780.jpg


ボードレールは会計のときに店主さんから
「訳者で選んでるんですか?」
と声を掛けられたので、お勧めの訳者はいるか尋ねると、比べてみるようにひとつの詩を選んでくれた。『太陽』という詩。

”われは赴く、わが架空の剣術のひとり稽古に。
あらゆる隅々に偶然の韻律を嗅ぎ出しつつ
舗道の上にて躓くごとく言葉の上にて躓きつ
時には久しく夢みたる詩句にはたとぶつかりつつ。

詩人のごとく街の中に下り立つとき、
太陽はいかなる賤しきものをも美しく高め、
ありとある病院に、ありとある宮殿に、
音もなく従者も連れず王様然と入りゆく。

『太陽』村上菊一郎訳より抜粋”

これは割と難解そうだがその分詩的な訳。もう一冊分かりやすい訳のものを合わせて購入。読み比べたら面白そう。せっかく教えてもらったので二冊買うと言った時の店主さんの反応が、「あ、いいんですか?」こういう最後まで押しつけがましさゼロなところがまた良いのだよ。

自分のなかで抑えられていた活字欲がここ最近また噴火しつつある。

今日も仕事後、勢い余って古本購入。
こちらは割とポップなセレクションかと。
なぜか表紙にシュールな人物画が揃ってしまった。この時点であまりポップじゃないかもな。
d0137443_23534994.jpg


こんなに買って読む時間あるんかねって話ですがね。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-07-13 23:06 | 日記

『海辺のカフカ』

村上春樹作品初の舞台化。
演出は巨匠・蜷川幸雄。
しかも自分が小説の世界にはまるきっかけともなった作品とあり、チケット代もなんのその。

二階の二列目中央寄りでなかなか良い席だった。

最近また原作を読み返し、最後の百ページほどを残して観劇。

気になる配役、主演カフカは柳楽優弥。これは文句なしだ。
ヒロイン、というべきか分からないけど佐伯さんは田中裕子。
個人的に好きなもう一人の主人公ナカタさん役に木場勝己。
カフカを姉のように助けるさくら役に佐藤江梨子。
いい感じだ。

初っ端、舞台装置に魅せられる。
いくつもの透明ガラス張りのコンテナに乗ったセットを黒子たちが浮遊させるようにゆっくりと動かす。無機質な素材で仕切られたいくつもの容器の組み合わせ。そこに人間の力が加わることで舞台の奥行きと幅いっぱいにひとつの世界を作り出す。こりゃ大変だ。
その合間からこれまた透明なガラスケースに横たわって、カフカ登場。ガラスの容れ物の中で動かないカフカ、はじめは人形かと思った。とても幻想的なオープニング。

そしてカフカと、カラスと呼ばれる少年のシーンからスタート。台詞も原作通り。
劇中の台詞は原作に忠実で、まるで本をめくるように淡々と物語が進行していく。でも本と違って、台詞には役者の表現しようとする感情が乗っかってくる。そこが新鮮であり、違和感を感じずにはいられなかった部分。村上春樹作品の登場人物たちは、ほとんどが感情を表に出さない、クールなイメージ。感情を直に伝える舞台演劇にするには難しいのかも。でも映画化されたノルウェイよりも、わざとらしさがなく、すんなり受け入れられる。これが舞台の力か。目の前でスピーカーなしの、一度きりの言葉が発せられ、ディスプレイ越しではなくより直接的に、観る者を異空間に連れて行ってくれる。映画はあくまでも視覚的、聴覚的なもの、いわば視聴するもの。対して生の演劇には、視覚、聴覚以上の何かがある。身体的に、精神的により深く体験するもの。今回は何ヶ所か役者が台詞に支えそうになる場面もあって、そこがより魅力を感じさせる。

書き始めたら本当にきりがない。
時系列は無視して、思いつくがままに書き残そうと思う。

ナカタさんと猫の会話の場面。
猫はどうするんだろうと思ったら、人間と同じサイズで気ぐるみ。
子供役のマメ山田が三輪車で走り回りながら、怪しげに見つめる。
不自然な場面でも、観客に近い目線で見れる人物を投じたり、
不自然さを逆手にとったコミカルな演出を取り入れることで、そのギャップが埋まってしまう。

つなぎで流れたThe DoorsのBreak on through。

さくらの部屋で飲むペプシコーラ、星野青年が火をつける赤のマルボーロ、ナカタさんの登山帽とボロボロの靴などが世界観を忠実に再現する。大島さんのロードスターを運転するシーンがないのが残念、マツダがんばってくれよ。

カラスと呼ばれる少年の存在は、舞台上で具現化されることでより大きくなった。
小説で感じていた印象では、カラスは悪魔メフィストフェレスのように、主人公が立ち向かうべきもう一人の自分だった。
舞台上で実体化されて表現されたカラスは、少年カフカのよき理解者であり、協力者のようにさえ思えた。

ジョニーウォーカーがナカタさんの目の前で猫を虐殺するシーンでは、
カフカが図書館(原作では山奥のキャビンだったが)で、ナチスのホロコーストを指揮したアドルフ・アイヒマンについての本を読むシーンとシンクロさせる。“暴力”とは何か。
ジョニーウォーカーが猫を殺すシーンは、小説で読んだ時のほうが生々しく感じた。

生身の人間として表現されたとき、一番観客に近い存在だったのが、星野青年。
ナカタさん、カーネルサンダーズ、なんでも受け入れてしまう。
ほぼ唯一、現実的な目線を持ちながらもしっかり物語に溶け込んでしまう存在。
結構重要な登場人物だったなと再確認。

カフカと佐伯さんが関係を持ってしまうシーンでは、二人の乗るガラスケースが合わさって最初は遠近法を使い、夢か幻のような印象を与えながら、だんだんと重なりあっていく、とてもスピリチュアルな感じの演出。ガラスケースはそれぞれの世界。

“海辺のカフカ”の曲も聞けた。
意外に歌謡曲テイスト。

まだまだもっともっと長くなりそうだが、そんなこんなで休憩挟んで約4時間、物語に浸る濃密な時間を過ごした。

柳楽優弥は目力が凄かったな。ギラギラ。声の印象もだいぶ違った。

やはり小説を読んだだけでは分からない、物語の持つ意味だったり、新たに発見する仕掛けもあった。

読書の追体験なので、大きな感動まではなかったけど、

誰かの夢の中に浸っていた気分。

たまにはこういう体験して、

現実世界に対抗するための想像力を磨かないとな。


帰りにおばちゃんが騒いでいると思ったら、

某有名スケート選手が観劇しにきていた。

d0137443_1554645.jpg

[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-06-22 17:19 | 表現

AMOL(+)

ありきたりで恥ずかしいけど真面目なことを。

まぁいつも充分恥ずかしいこと書いてるか。

A meeting only once in a lifetime.

恥ずかし隠しに英語で書いてみたけど、

逆に恥ずかしさを全面に押し出してしまったな。

簡単に言うなれば一期一会。

タイトルからそう言えば良かったか。


もしかしたら今近くにいる人が、

自分の人生を大きく変える人物かもしれない。

何気なく暮らしていると忘れてしまって

みすみす逃してしまうけれど、

何とか自分の力だけで生きていこうと、

見てみぬふりをしてしまいがちだけれど、

その出会いを大事にするのも自分の力なのです。


最近見たテレビ番組で身に沁みて思う。

伊丹十三の特集。

父親へのコンプレックスにも似た感情と向き合った結果、

映画監督として現在でも色あせない作品を生んだ伊丹十三。

伊丹一三から十三へと改名して、

マイナス(-)の感情をプラス(+)へと変えてみせた。

そのころ心理学者岸田秀の『ものぐさ精神分析』との出会いもあって、

伊丹十三は彼を父親の墓前に連れて行くまでの仲になった。

映画監督となってからは、妻の宮本信子をヒロインに起用して名作を残した。

もうひとつ、

オウム真理教の特集。

一方で、

ひとりの人間に着いていき、人生を狂わせた人々。

彼らのどこかに、自分の意思はあったのかな?

“たとえ洗脳されていても、自分の意思。”

再現ドラマの元信者の台詞にそんな風な言葉があった。

いろいろ考えさせられた。


人との出会いはプラスにもマイナスにもなって、

どちらに傾くかは自分次第。


最近川原にホタルを探しに行ったら、

運良く3匹ほど見つかった。

綺麗に果敢なく点滅して漂うホタルの光。

人との出会いも、

そんな感じだと自分に言い聞かせて、

見逃さないようにしないとな。


最近A-studioっていう番組が結構好きでよく見ている。

アシスタントの女の子がタイプで見始めたのだけれども(苦笑)

業界人一般人関わらず身の周りの人にゲストについて語ってもらって、

最終的に司会の鶴瓶が語るゲストの人柄についてのコメントが結構感動する。


自分のことを心から語ってくれる人が今、

身の周りに何人いるだろうか?

まだまだ頑張らないとな。


そして自分も、

熱く語れるような人たちを、

身の回りでもっと増やしたいと思います。

うん。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-06-09 00:55 | 独り言

『そろそろ帰ろかな』 又吉直樹

さよう、読書芸人ピース又吉の短編小説でござい。斯く言う偉そなお前は誰やねん。都会の大型書店にて偶然、
「又吉コーナー」を見つけ、わー、結構読んだことあるやつあるじゃないのと思いながら、その片隅に又吉自身の初小説が収録された文芸誌を見つけてしまい、思わず買ってしまったただのミーハーです。しかし予想以上に面白かった。自由律俳句集の『カキフライが無いなら来なかった』のなかに収録された、いくつかのエッセイにあった昔のエピソードを交えつつ、又吉自身の子供時代の思い出(おそらく)を、冷めた目線で描きつつ、ココロ温まる物語になっている。所々にクスッと笑わせる一文。小説のはじめの数行で、〝又吉の小説〟という先入観は八割方吹っ飛ばされ、ただ目の前の文章に引き込まれてしまった。
泥のような色をした壁が所々はがれ落ちている。その剥がれた壁をぼんやり眺めていると、悪魔が笑っている顔のように見える。…(略)…悪魔は笑いながら僕に「殺したろか?」と言っている。テレビの上に置かれた一体しかない間抜け顔のシーサーは、歯をくいしばり、「なんで俺なんすか」という顔をしている。
文庫で短編集出してくれんかな。


[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-06-07 01:07 | 読書

蒸留酒的人生

久々に近所の百貨店の酒売場に行った。

あら久しぶり、と

馴染みの店員さんが次々試飲をさせてくれる。

最近の気分により、

アルゼンチンの白を購入。

炒めた玉ねぎに合うという話を聞いて試したくなる。


ウイスキー量り売りの老紳士もいらっした。

これまた第一声

お久しぶりやねー

いつも変わらぬ嬉しそうな笑顔で、これ飲んでみて、と勧めてくれる。

眼鏡のむこうで少年のように瞳をキラキラと輝かせ、

とても楽しそうにウイスキーについて語ってくれるその老紳士を、

僕は心の中で勝手にウイスキー老師さま、

略してういろうさま、とまでは呼んでいない。

今日もなかなか珍しいものを飲ませてもらい、

久しぶりなのと本当に気に入ってゆっくり飲みたいのもあり、

一番小さいサイズの量り売りで

飲ませてもらったウイスキーを二種類購入。

珍しいので写メを撮ろうとしたら

持って帰る?と言われ、

空きボトルまで頂戴した。


斯して、

部屋がどんどんと酒まみれになっていく。

寿命削ってでも世界の美味しい酒を飲み尽くしたいなと、

最近思うようになって来た。

職場の社員さんに、

睡眠時間を削ってまで

酒を楽しんでる人がいて

そんなことされたらかなわんわと

俺も自分の舌に、

何かしらの酒を与えることなしに寝てはなるまい

そう思います。

まぁ泥酔、酩酊までいくことはないし、

ほろ酔い程度なので、

健康的な作用にもまだ期待の余地がある飲み方じゃないかな。

それでももし寿命が縮んでいるのならば、

そのぶん濃く、度数の高い蒸留酒、

樽でしっかり熟成されたシングルモルトのウイスキーみたいな人生にしよう。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-04-22 23:39 | 日記

『ウェルカム ニッポン』

大人計画の公演は二度目。

開演前の諸注意で、劇団員で音楽家(自分はそっちで知った)としても活動する星野源の『諸注意の歌』が流れた。星野源はCDも持っているので、生の演技を観てみたかったけど、別の舞台に出演中ということで歌での登場らしい。

そして開演。いきなり外国人が出てきて、何やら国際的な空気。そして英語で歌い出した歌(字幕付き)に笑い、役者全員が登場、それぞれ、ニッポンの偉人、有名人のコスプレで。金八先生(阿部サダヲ)、野口英世、坂本龍馬、手塚治虫、ヤワラちゃん、サザエさん、アラレちゃん、浅田真央、裸の大将(荒川良々)などなど。そんななか松尾スズキがドラマで演じていた岡本太郎の格好だったのには笑った。出だしから大人計画ワールドにバッチリ掴まれる。

ストーリーを簡単に。
ある日本人の男を頼りにNYからやって来たエイドリアン。しかしその日本人男性は震災のあった3月11日から連絡がつかなくなっていた。彼の居場所を求めてたどり着いた町には、クズのようないわゆるダメ人間ばかり。エイドリアンは周囲のダメさに飲み込まれていく。

震災やNYのテロと絡めた、少しシリアスな作品なのかなと思いきや、そんなわけがない。だって松尾スズキだもの。

テレビや映画じゃ見れない、ブラックでシュールな笑いが健在。こんな時期に、あの国のあの人をあんな風にネタにするなんて。会場大爆笑。人形映画『チーム★アメリカ』を思い出した。松尾スズキはもしやSouthParkを見ているんじゃなかろうか?

あとは細々した笑いのネタがとにかく多い。最近のネタからひと昔前のネタまで、年齢によって笑えるところと“?”が並ぶところがたくさん。碇ゲンドウ、楳図かずお、稲川淳二、舌出しローラ、たけしの浅草キッド、ナシ高由里子…自分はどれだけ汲み取れただろうか。ナレーションの声が万田久子とか、いちいち面白い。

どうでもいい内容なのにどこか引っかかるような台詞の会話を、デジャヴ的にループさせるところは個人的に好きだった。観ている自分の頭が狂ったのかと思わせるようなあの感覚は、舞台のライブ感があってこそ。

それからホストクラブのオーナー役、荒川良々の淡々としたシャンパンコールからのひとり芝居がウケてた。会場拍手。客の反応で役者の演じ方や間の取り方も変わるだろうし、そこが舞台演劇の醍醐味だろうな。にしても荒川良々、本物はデカくて結構存在感ある。

TVでの活躍でいうと阿部サダヲが飛び抜けているだろうし、キャスト名でもトップになっているのに、舞台上で特にひとりだけが目立っていた、ということがないから不思議。役者ひとりひとりに見せ場があった。まさに個性派集団。全員で浮いてる。演技するクドカンも相変わらず新鮮だった。

結末を色に例えるなら、黒寄りのグレー。図工の授業のあとの、絵の具の水入れみたいに濁り淀んだ感情。一方でその傍らには色彩豊かな絵画が完成しつつあるのだけれど。素直には笑わせてくれない。確信犯的に、汚れた水の方を見せるような。でもそこが癖になるのだろう。

久しぶりに脳みそを掻き回された。ひたすら歪んでいる。ゆがみ、ひずみは、“歪み”と書く。不正。正しくなくても大丈夫。これはない、なんじゃこりゃ、そんなセリフ、大人計画、松尾スズキの世界では何の意味も持たないのかもしれない。

…芝居に影響されて少し饒舌になってしまった。

面白かったです。

しかし舞台演劇は役者のエネルギーが直に伝わってくるぶん、見るほうにもかなりのエネルギーがいるなぁ。

にしても、演出家ってすごい。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-04-19 23:13 | 表現

Forever young

My father started something new.

ちょっとprivateなことなので英語で書いとくけど

父親が新たな一歩を踏み出したらしい

…って、日本語で書いてもうてるがな。

他とは違う父親かもしれないと感じ始めたのは高校の頃くらいからかな

そのときも今みたいな父親にとっての転機があって

父親のそれまで見えなかった部分を少しだけ垣間見た

昔から風呂場などでも語られたが

大学に入ってからは特に

自分には好きなことをやれと応援してくれて

酔っ払ったら世界に出ろとデカいことを言い

戦場カメラマンぐらいになれなどと無茶ぶりしたりする


なにか人とちょっと違うことをするとき

周りの人から

親は心配しないのかと聞かれるが

好きなようにしろ

そんな感じと答えると

珍しがられる


そんな父親は父親で

これから好きな道を選んで進むようだ

自分のイメージのなかでは

父親は昔よりも若くなっている

“青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ちかたを言う。

青春とは臆病さを退ける勇気、
安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき初めて老いる。

頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む。

ー サムエル・ウルマン『青春』”

“若さと言うのは、その人の青春に対する決意で決まる。
ー 岡本太郎”

応援してます。

そして俺も負けずに頑張る。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2012-04-11 23:57 | 日記


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング