ネガ恥部。

今日は早朝ベルギー戦を後半から観戦。
同世代の本田、岡崎が決めて、勝利。

そのあと朝ランニング15km。
いつものコースが嫌んなって、遠回り。
今までで一番長く走ったかな。

掃除もぼちぼちと。
ようやく扇風機片付けた。
本を売って臨時収入。


最近、特に仕事場で、ネガティブな発言が妙に耳につく。
ダメやなぁ、難しいなぁ…。
明るく冗談めかしてなら許せるが、
ため息まじりに、こちらの同意を求めるように。
うわべは冗談まじりでも、隠しきれない悲壮感が余韻に満ちていたり。

そういうのを聞くとものすごくうんざりする。
そんなん言うてなんになるん。
人に聞こえんところで言うてくれ。
巻き込まんといてくれ。

それをひっくり返すほどの底抜けなポジティブさは僕にはない。
でもあまりにもネガティブすぎて、そうですねーとも言えない。
もうちょい前向いていかれへんのか。

ポジティブすぎて空回りなのもイヤだけど、
周りに合わせて自分もずるずる脚を引っ張られるのはもっとイヤだ。

確かに、現状はめちゃくちゃ厳しいし、文句のひとつも言いたくなる。
むしろ、自分の中にもそういうネガティブな感情があるからこそ、
周りの言葉に拒絶反応を起こしているのかもしれない。
でもせめて、自分が今いる場所や、やっている仕事を否定するようなことだけは言いたくないし、言われたくない。
先のことは分からんけど、みんな仲良く失望したままじゃ、笑えない。

ちょっともう、そういう人は見下して、
置き去りにしてくつもりで行ってもいいかな。
みんな立ち止まってても僕は黙って走り続けますから。


ネガ恥部、ポジ恥部、いずれ、わーたしは全部、恥部なんだー(BY ザ・クロマニヨンズ)


毎年この時期になると、数年前の今頃はあの国で何してた…なんて思い出す。
思い出すのではなく、数年後の今頃はあの国で何してる…と思い浮かべるのだ。


いよいよ年末モード。
頑張らねば。




[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-11-20 21:30 | 日記

悩みは一列縦隊。

“悩みは横に並べたらあかん”


朝のTVに出ていた鶴瓶の名言。


横に並べてしまったら

何から手をつけて良いか

分からなくなる


縦に並べて

前にならえ

次はこれ

その次はこれと

ひとつひとつ片付けていくこと



縦、横に並べるっていう発想はなかった。

沁みること言うてくれるねぇ。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-09-13 09:01 | 独り言

人生で一番若い日。

汗かき歩いて出勤したらちょうど、売り場に馴染みのマダムがいらっした。

あなたのおすすめは美味しいと言ってくださる有り難いお客様である。

数ヶ月ぶりだったので、テンションが上がり、

私服のTシャツで鞄を背負ったまま、歓談しつつ接客。

帰り際、「久しぶりにあなたの顔がみれてほっとした」と言われる。

こちらこそです、マダム。


そのすぐあと、また他の顔見知りマダムがご来店。

これまた久しぶりで、しばしの歓談。


顔を合わせるとこちらも安心できる。

ただの店員、以上の親近感をもってくれてると感じる。

こういうお客さんを、自分は増やしていかねばな。


そんなことを考えつつレジに立っていると、

一人のムッシュがやってきた。

眼鏡を外したカーネル・サンダースを、

柔らかく、のっぺりさせたような、

白髪のムッシュ。


レジで商品を打ち始めたときに一言、

「あなた、いくつになったの?」

まるで前から知っているかのように、

数年ぶりにあった親戚のように温かい声で尋ねられたが、

以前に話した記憶はない。

訝りながらもなるべく落ち着いた声で

「今年で27歳になりました」

それを受けたムッシュが一言、

「今日が人生で一番若い日だから」

ハッとした。

ムッシュは繰り返す。

「今日があなたの人生で一番若い日」

「んん、確かに。すごい、名言ですね」

「いい出会いも限られてくる」

「はい」

「グッと目を閉じて、パッと開いたときに、目の前にいる人、上だけ見ててはだめ」

ムッシュは、レジを打つ僕の前で、財布からお金を取り出しながら、

表情豊かにグッと目を閉じて、パッと目を見開き、手本を見せてくれた。

そしてまた繰り返す。

少し込み始めたレジを気にするそぶりなど見せず、まっすぐ僕の方を向いて。

僕は釣り銭のミスがないように注意しながらも、

ムッシュの言葉を脳に焼き付けようと、耳を傾ける。

「グッと目を閉じて、目の前にいる人、価値観の合う人」

「はい、肝に銘じておきます」

あまりにも唐突に、今の自分の心に優しく響く言葉をいただいた。

まるで神のお告げのようだった。

ありがとう、ムッシュ。


今日がこれからの人生で一番若い日だ。

あの頃は若かった、

年をとったなんて、

言うのはやめだ。

今日が一番若いなら、

昨日は振り返るものではなく、

前を向いたまま振り払うもの。

明日へ向かうのみだろう。



はて、それにしても、

言葉のありがたみを感じつつも、

ハナから独身と決めつけられて、

熱心に諭された自分が、

なんだか哀しくなってきた。



グッと目を閉じ、

パッと開いて、目の前を見る



ムッシュ、

今日、目の前に立っていたのは、

二人のマダムでした。

どうも、目を閉じるのが短かったようですね?

またの名言、心よりお待ちしております、ムッシュ。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-09-10 02:22 | 日記

真夏の革命

真夏は革命の季節である。

と、自分のなかで思っている。

何かと転機や大きな出来事が訪れる季節。


今年もそんな兆候がちらほらと。

周りの環境をああだこうだと言っても、

結局、自分でなんとかするしかないのだね。

自分が選んだ道だもの。


花火や海なんて、

夏らしいあれこれとは、

相変わらず無縁かもしれないけれど、

いい夏にしよう。

いい汗をかこう。

まだまだ続け、暑い熱い夏。

こんな日記、昔書いたよな。

変わらねえな。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-08-07 01:59 | 独り言

ありふれた、の先へ

スパークリングワインを一本、

飲み干した。


良い気分なのだがどこか物足りない。

まだ飲めそうなのだけれども、

これが限界な感じもする。


“普通”

っていう言葉が異常に嫌いだった二十歳のころ。

“ありふれた”

っていうフレーズがとても素晴らしく感じる今日このごろ。

なにが違うのかなぁ。


足るを知る。

己の限界を知る。

それは大事なことだけれども、

まだまだその先を知りたいと、

どこかで思い続けること。


そのためのチカラが、

だんだん弱くなっている気がする。


それは自分が、

自分に対して、

正直になっているのか、

嘘をついているのか、

どっちなのだろうか?


酔っぱらいながらこんなことを考えてしまう自分が、

相変わらず面倒である。

やはり一人で飲むと駄目だな。



寝る。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-07-21 23:48 | 独り言

おっさんの仮面

久々に映画観た。

『俺はまだ本気出してないだけ』

拭うことのできない哀愁を身にまとった永遠の小学生

それがおっさん

哀しさがあってこそ、一流のおっさんなのだ。

失笑を買い、哀愁を漂わせる。

それでいて動じることなく、我が道を行く。

まぁこの映画のようなおっさんにはなりたくないけれども。

それにしてもいい感じに哀しいおっさんたちが次々登場した。

こういう人たちにスポットを当てた映画は好きである。

佐藤二朗の「うん」が一番ツボ。



19歳くらいの頃は、

大人になっても子供の心を忘れたくない、

遊び心を失いたくないなんてことを思ってたけど、

そんなこと決意しなくとも、

どうやったって子供の部分は残るし、

むしろ大人の容姿とのギャップによって、

いやでも露わになってしまうものかもしれない。

自分の周りの大人をみても、

子供か!と突っ込みたくなることばかり。

自分も何にも変わらず、

おっさんの仮面をかぶっていくのだろうか…。



関係ないけど、パリのセーヌ川中流のセガン島の建築計画が、

日本人建築家に任されたというニュースをみた。

安藤忠雄も昔計画を任されていた場所。

でも結局取り消しになったらしい。

5年前、パリの中心から貸し自転車を乗り継いでアホみたいに遠くまで漕いで、

着いてみたらなんにもなかった。

なんかパリのなかでもすごい建築プロジェクトの予定地、

そんな噂だけを頼りにセーヌ川沿いにサイクリングしたんだと思う。

完成するころにはもう一度。

今度の計画は大丈夫なのかな…。

d0137443_2543256.jpg

[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-07-12 02:54 | 日記

燃えてるふりして、燻るばかり。

本当に今が楽しいか?

そう自分に問いかけると、

本心からYESと言えない。

どこかで折り合いをつけて、

まぁいいかと、

妥協している部分がある。


足りないものは何なのか?

本気でYESと言うために何をすべきか?

そこをもっと考えないと。

そして、行動にうつさないと。


このままだと仕事でも、

日々の暮らしでも、

なんとなく、

少しずつ、

進んでいるようで、

ただ時間が消えていくだけ。


自分が何をしたいのか、

どう生きていきたいのか、

もっともっと考えて、

もっともっと動かなくちゃな。



このブログ作って、

独り言とか書き殴って、

もう結構長い事経つけど、

そろそろやめた方が良いのかな?

他に吐き出す方法を見つけた方が言いのかなとも思う。

始めた頃の自分が思い描いていた将来像とは、

今の自分は正直全然違う。

格好悪いから人目を気にして、

表には出せないくせに、

相も変わらず燻ってるような、

煮え切らないようなこと、

夜中にひっそり考えて、

いい年して、

恥ずかしくなってくる。



いつまで悩むんじゃろなぁ。

ま、悩みがなくなるときこそ、

こうして書くことが終わる時だと思う。


いつになるやら…。


夜と朝のあいだ。

今の自分に、ぴったりの時間。

ま、朝がくれば忘れてしまって、

今のこの気持ちも、

また恥ずかしく読み返すことでしょう。


今日も一日、暑くなりそうだ。
[PR]
# by yuzuruzuy | 2013-07-10 04:29 | 独り言


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング