<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『杳子・妻隠』古井由吉

 今年の一冊目。正月に実家で読了したが遅ればせながら感想をば。古本屋で単行本で購入、『杳子』が芥川賞を受賞した当時の文藝春秋も見つけたので、一緒に。過去には新潮文庫で出版されていたようだが、今は絶版らしい。

《杳子》
 心が病んだ女性、杳子を愛してしまった男。その男の目線で杳子を観察するように描かれた小説。ひとつひとつの動作や、周囲の景色が細やかな情景として描かれている。平易な言葉遣いではあるが、一文一文がとても繊細で、一本の糸で丁寧に紡がれた蜘蛛の巣を思い起こさせる。その蜘蛛の巣を、途切れないようにゆっくりと指先でなぞっていく、そんな読書体験。
 終盤、杳子のことをノイローゼと言いながらも、自身も病的なほどに神経質な杳子の姉の所作を描いた文章(河出書房新社p.147~)に震えた。
   杳子の姉はまっすぐに伸ばした軀をそのままそろそろと前へ傾けて、盆を杳子に近いほうの角に近づけた。そして盆の左端とテーブルの間に手をあてがい、一瞬息をこらす目つきをして左端から台布巾をすうっと抜き取り、紅茶の表面に波も立てずに盆をテーブルの角にきっちり置いた。それから彼女は   
一挙手一投足どころではない、わずかな呼吸の変化さえも逃がさない文章が2ページ近く続く。細かなしぐさだけを書くことで、ここまで迫るものがあるとは、痺れる。車谷長吉の『贋世捨人』(文春文庫p.185)では、主人公が思いを寄せた女の好きな本として言及されていて、その女の言葉によると、
“神経を病んだ、迚(とて)も依怙地な女がいて、そういう病気と依怙地な性格を、男の人に抱きかかえてもらうの。私も恢復したらいいなって思って。”
そのような小説として取り上げられていた。個人的には、村上春樹の、『ノルウェイの森』を、純和風かつ、より内向的にしたような印象。もちろん、ノルウェイよりも以前の作品なので、そんな表現は相応しくはないと思うが、自分の読書歴から鑑みるに、テーマやモチーフが近いような気がした。結末も、主人公が一筋な所も、こちらの方が好き。一語一語丁寧に書かれていて、決して冗長になることがない。音楽でいうとクラシック。

《妻隠》
 ある夏の、ある夫婦と、ある老婆と、ある若者の話。これは説明が難しい。文章が生む、生暖かい風の中で揺さぶられ、漂うような感覚に陥る。何か起こりそうなのだけど、結局は何事もなく夏が過ぎ去る…。そんな余韻を味わった。
 
 かなり濃密な読書体験をさせていただき、文学の凄さを改めて感じる。今年もたくさん本を読みたい、そう思った。


[PR]
by yuzuruzuy | 2013-01-31 01:07 | 読書

『みなさん、さようなら』

この前先行上映に行ったものの、体調不良により途中でさようならしてしまった映画。
もう一回観に行った。ぶっ倒れて少し迷惑かけたとこには行く気になれず、別の劇場で。

先行上映の時には中村義洋監督と主演の濱田岳が登場して、ちょっとばかし話をきいた。
『アヒルと鴨のコインロッカー』など、何度も映画でタッグを組んできた二人。
兄弟か親子みたいな自然な感じで、和やかだった。
上映前の舞台挨拶だったので、上映後ならもっと深い話も聞けたのだろうか…
って言うとる私は上映後までロビーで寝転げていたのだったな。
上映前に聞けて良かったと思うしかない。

濱田岳演じる渡会悟は、小学校を卒業したまま、一生を団地の中だけで生きると決めた。
団地の中だけで描かれる悟の20年間。
変化していく周りの環境に負けることなく、恋愛も就職も、様々なことを自分なりに、
団地の中だけで経験して悟は大人になっていく。

なぜ悟が団地から出なくなってしまったのか、それが明かされたときから、
一風変わった男の青春の物語は一転、徐々に重い空気感を漂わせ始める。
それでもシリアスな中にくすっと笑えるコミカルな部分が挟まれていて、毒と良薬を繰り返し飲まされるような感覚を味わった。

終盤までは実質二度目だったが、二度目もしっかり入り込んだ。
見終わった後、またすぐにでも観たいと思った。

監督の話によると結構好き嫌いが分かれる映画らしいけど、
自分は期待以上に好きな映画になった。

おすすめ。




《以下、ネタバレありの感想殴り書き》

とにかく浜田岳のための映画だった。
12歳でも30歳でも自然に見えてしまうってどういうこっちゃ。
波瑠っていう女優は以前TVで東野圭吾のミステリードラマで見て覚えていたけど、
陰があるような切ない演技がすごく良いなと思った。
倉科カナは、言葉は古いが全力でマドンナ、男のハートを鷲掴みな感じ。
たびたびグッとくる台詞をぶっ込んでくるからたまらない。
この二人から好かれるなんて…。
それにオカマ役の永山絢斗が絶妙なスパイス。
主人公のよき親友ながら、最後は精神病になってしまうという、まさに毒を飲まされる役回りで、
この映画になくてはならない人物。あだ名、オカマラス。
母親役は大塚寧々。女手ひとつで悟を支え、見守る姿が優しすぎて聖母のよう。
最後の手紙には涙しそうになり、その母の思いを知ったうえで悟の成長を振り返るとさらに感動。
そんで田中圭はまさかの純粋な悪役。
良い人そうな風貌から溢れ出す悪意が凄まじい。
21世紀少年のケンジの子役、これには二回目で気づいてあっと思う。

個人的な趣味で言うと、
途中で流れる挿入歌と、エンディングの主題歌がエレカシで、どちらのシーンも鳥肌もの。
そして悟が失恋して慰めの席で卓上に置かれていたのがJack Daniel's。
これには二回目に気づいたが、自分も思い入れのある酒に密かに興奮。
悟が働くケーキ屋の師匠(ベンガル)が店を悟に託して去った場面の詩が、
“花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ”
寺山修司の著書で知った、自分の好きな言葉のひとつ。
井伏鱒二の言葉だったかな?映画のタイトルともリンクしていて名場面。

一年ごとに団地を去っていく同級生を最初の107人から引き算で引いていく演出や、
大きくなった同級生たちを卒業アルバムの似顔絵とあだ名と将来の夢で照らし合わせる演出に、
過去の思い出を守り続ける悟の価値観がとても良く顕われていた。

ラストシーンは、遠く小さくなっていく悟を、誰もが目で追ってしまう。
悟はこれから、どこで、何をして、どのように生きていくのか?
悟が団地の中で、団地の仲間たちに対して感じていた思いを、
いつの間にかこちらが悟に対して抱いていた。


まずい、まとめきれない。
団地という小さな世界で、抱えきれないほどのことを感じさせる映画だった。


原作本も読んでみようかな。
それから映画もまた観たいと思う。
[PR]
by yuzuruzuy | 2013-01-28 23:58 | 映画

心遣い。便器ブラシから傘かしげ。

日付変わるまで残業したとはいえ、一日働いただけでこうもぐったりなるものか。

昨日のダメージが残っている。

身体だけでなく精神的にもやられてしまったようだ。

閉店前のトイレ掃除中、便器用ブラシのケースから漏れた水が靴に掛かって靴下にしみて来て、イラッとした。

使用後ケース入れる前になんで水気切っとかんのじゃこら。

…コホン、失礼。

こういうのうんざりする。疲れてるときとか尚更。

次の人のことを考えた、ほんのちょっとの心遣いが出来てないとき。

ちょっと便器ブラシは細かすぎるかな。

逆にそんなちょっとの心遣いは、出来てても、当たり前すぎてなかなか気づかれない。

でも誰かのそんな細かな心遣いに気づいたときから、自分も他人に対して同じような心遣いが出来るようになるのだと思う。

雨の日に傘同士ですれ違うとき、相手がクイッと傘を傾けてくれる、その瞬間がなぜだか無性に嬉しくて、僕は自分が少々濡れようが、傘が相手の傘とぶつからないようにしっかり傾ける。全く傾けようともせず突っ込んで来る人には思わず回転水しぶきフラッシュをお見舞したろかと思うが、堪えて相手の分まで傾ける。それでも気づかんとか一体そいつの神経どうなっとるんじゃ、回転水しぶきフラァーッシュ!アンード、便器ブラシで水ペッペッペー!!

…コホン、取り乱しました。

調べてみると、この傘を傾ける行為は“傘かしげ”と言って、江戸しぐさ、つまり江戸時代のマナーとして今に伝わる奥ゆかしい心遣いらしい。

江戸しぐさ、面白そうだな。

便器ブラシの愚痴で終わるつもりが長々と脱線してしまった。
まあ昨日の精神的ダメージのせいにしておこう。勉強になったし。


はあ、それにしても弱った。

弱った弱った酔わないウメッシュ。

週末だけど禁酒。

酔わないウメッシュも飲まない。

プロテインを溶かして牛乳を飲む。


明日は珍しく日曜休みだ。

元気出そ。
[PR]
by yuzuruzuy | 2013-01-20 01:21 | 独り言


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング