<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最近の読書まとめ

『宿屋めぐり』町田康
 700ページ超の大長編。これを読みきってからまた読書脳が再活性化された感じ。主人公、鋤名彦名の独白形式。“主”に命じられた大刀奉納の旅の道中、くにゅくにゅに飲み込まれてはじまる苦行のような日々。自分の都合の良いように言い訳ばかりして、どんどん落ちぶれていく。結局残るものは何もなかった気もするが、読み終わった後の感覚が忘れられない。


『何もかも憂鬱な夜に』中村文則
 ピース又吉おすすめの本。三時間くらいで一気に読んだ。施設で育ち、刑務官となった主人公、自分とはかけ離れた設定ながら、自分も少なからず思春期〜青年期に抱えた苦悩をこれでもかとぶつけられて、最後には勇気をくれる。生きることに悩んでいる人に読んでもらいたい小説。


『赤目四十八瀧心中未遂』車谷長吉
 二年ほど前になにかの繫がりで飲んだ人から、文章が凄いと勧められた小説。確かに凄かった。これを読んで以来、そこらの文章が味気なく感じるほど、一度味わったら忘れられない濃厚な文章。予想外な終わり方も好き。


『間抜けの構造』ビートたけし
 いろんな意味での“間”の大事さについて。間をうまく感じ取り、うまく使いこなせる人間になりたいと思った。勉強になる。


 本当は一冊ずつしっかり感じたことを書き残したいのだけれど、なんせ時間もないし、内容が重いものばかりで、読むので精一杯。もっともっと、本を読もう。

[PR]
by yuzuruzuy | 2012-12-01 01:56 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング