<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

THE SONGWRITERS 佐野元春×RHYMESTER ①



僕はヒップホップはあんまり聴かない。
でも実はいちばんコトバというもののチカラを大切にしている音楽なのかも知れない。
この番組を観てそう感じました。

ライムスターから今回まず登場したのは
宇多丸&Mummy-D

冒頭で佐野元春が朗読したのが『ラストヴァース』
語っているのに不思議に自然とラップのリズム、グルーヴが出てくる。
ゲストが二人のせいか、途中から合成でもうひとりの佐野元春が出てきて
一緒に朗読する演出がカッコよかった。

≪日本語でラップする上での試行錯誤≫
宇多丸:日本語って、ラップに向いてねぇな、みたいに思う(笑)、まずは壁が一個ずつ出てくる、例えば英単語だったら1拍で1単語置けたりするところに、日本語だと1拍に1単語はやっぱり置けない。で…1拍に置ける日本語もあるから、そこでこう、リズムをというか響きを圧縮できるコトバを選んでってとか…そういう感じですかね。ただこう1音1音に置いてくとほんとに間延びしちゃうし。あと音素が、英語に比べると貧弱だから、例えば同じ韻を踏むって言っても英語だと語尾の1音ぐらいで韻を踏んでるように聴こえるんだけど、日本語だとどうもそんな風に聴こえないと…なのでもうちょっと手前から、「韻ですよ」って感じで踏むか、もしくはMummy-Dが得意とする感じだけど…イントネーションから、こうして(抑揚を表すような手振り)、ね、変化をつけて…やるとか。

──言葉についての分析が徹底されていると思った。英語と日本語の音素の違いなんて考えたことないわ。『ラストヴァース』でも、“現実”と“幻想”だったり、“音楽”と“騒音”、“超越”と“消滅”、“engineer”と“genius”のように、語尾以外の部分から韻を踏んでるような歌詞づくり、曲作りがされている。これぞ日本語ラップなのか。

佐野:非常に多くの、目に見えない、メジャーな声を代表するというよりかは、ある共感を持つ、サイレントマジョリティーが全員合唱してくれるような色濃いものを表現しよう…ラップ、ヒップホップって言うものはここに切り込んでってる音楽なのかな、と僕は思うんですが──

宇多丸:おっしゃる通りで、たぶんその、もっともミクロな視点っていうところに、普遍的な何かがあるっていう事じゃないかなと思うんですけどね。ものすごい地べたの視点で、あのーあそこの横丁の、ナントカのアイツ…っていう話が、たぶん世界のすべての街角に通じる話、って言うところに、僕はその…最初にやっぱりヒップホップは勿論ニューヨークの特殊な文化だったんだけど、なんか、ロマンを感じたというか、同じだって言う風に感じれた。でもたぶん、そう思う若者が世界中に多いからこそ、世界中にヒップホップはこう…伝播力がすごいって言うか、どこの国にもヒップホップはあるしラップをしている子はいるってい言うー事はそこなんじゃないかと。

──ヒップホップはあまりメジャーな音楽とは言えないかもしれないけど、言いたいことをはっきりとしたコトバにして、ミクロな部分で共感を得る。だからファッションとしてもここまで広まって、聴く人の生活スタイルにまで影響を与える音楽なのだろう。


Q. ライティング上のメソッドについて

①口に出して、まず気持ち良いコトバの連なりであること。それがグルーヴを生む。
②日本語として、耳で聞いて、理解できる内容であること。
③内容が、歌ってウソがない内容であること。

宇多丸:4小節目で腑に落ちる、4小節目で腑に落ちるって言う風に「うまい!うまい!うまい!」って言うのが続いて、って言うのがラップの大きな快楽だと思うんですね。

佐野:そしてリスナーはつねにそっちの方に耳が吸いつけられる…そういうひとつの技法である…

宇多丸:そうですね、うまいこと言うって言うのが…やっぱり基本なんだと思うんですよね。


Q.好きな言葉
一理ある
理由がある
──ふたりとも同じこと考えてた。

Mummy-D:例えば、女の子って何でこんなときにこういうことしちゃうんだろう?若い子って何であんなふうな言葉遣いするわけ?って大人になったらそういうこと考えがちだけど、そこには必ず理由があって、一概に上からこう馬鹿にすることはつねにできないなっていうふうに思う。

──誰かの些細な行動の理由を考えるという部分は、ミスチル桜井の放送回での、“他人の無意識な仕草に意味を持たせる”という発言に通じるものがあると感じた。

Q.嫌いな言葉
「わたし馬鹿だから」的な言葉
宇多丸:そんなこと言われたら話終わっちゃうじゃんていう…どんどんこう、コミュニケーションをとってこうよ!ていうことなのに、「わたし馬鹿だから」とか「おれ馬鹿だから」ってこう、シャットアウトしてるじゃないかっていう、そんなのお互い馬鹿だよ、馬鹿同士話そうって言ってるのにっていう…感じなのかな。さっきの「一理ある」と裏表の話なんですけど。

──これかなり同感。即答で「分からん」とか言われたら哀しくなる。自分もそういうことは無くしたいと思う。

“エッチ”っていう男が嫌い
Mummy-D:なんか大事なことを隠そうとしてるような…ウェットな本質を隠そうとしているような、そういうものを感じるんですよ。

──笑。でも確かに“エッチ”に限らず言い回しを変えることによって本質を隠そうとしてる言葉は多いと思います。それが技巧にもなるのだろうけど、大事なことは伝わるようにしなくちゃな。


アジカン後藤は、現実を描くチカラではロックはヒップホップに勝てないと話したらしい。
それを受けてライムスターは逆に、ラップは言葉の多さゆえに、イメージを限定するだけになる時があり、膨らます余地がない、行間を書いてしまっているだけの、野暮なものになりかねないと話した。

コレは広告にも通じて、説明が多すぎると、下手をすれば押し付けがましいものになってしまう。
逆に読み手のイメージが広がるようなひとことが、読み手自身の解釈を伴って、一人ひとりに、“自分のコトバ”として流通すれば、それはものすごいチカラを発揮する。

自分たちでヒップホップの強さだけでなく弱さもちゃんと分かってる。
だからこそ自分たちのやり方を追求できるんだな。


ヒップホップがここまで理論思考的だということは知らなかった。
意味がなくてもリズムと韻が踏めたら良いだけなのかと思っていた。
でもそこにはものすごく緻密な計算や、メッセージを伝えるため、
聴く人を納得させる“理由”があるのだな。

ラップの歌詞と同じようにとっても内容の濃い30分でした。
ヒップホップだからいいやといって見逃さなくて良かった。
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-30 06:11 | 表現

20100829

『カキフライが無いなら来なかった』を読んで

日々の些細な光景や思索を残していく手軽な手段として

せっかくなら自分もやってみようと思う

まぁ、おそらくただのつぶやきになるので

カテゴリは“つぶやき”にしておこ

つぶやきが自由律俳句になったらな


とりあえず最近のつぶやきを…

・募金する人観てるのか深夜のチャリティー番組

・ヨレヨレの日傘に覆われて歩く老婆

・蚊に刺された虫除け商品売り場で


心に響くリズムとか言葉選びとか

できるようになりたいけど

まずはいかに他の人が共感したり

一緒に面白いと思ってもらえるような視点を見つけられるか

そのために書いていこ
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-29 03:49 | つぶや句

『カキフライが無いなら来なかった』 せきしろ×又吉直樹

 ダイナマイト関西にも出てた文筆家・せきしろ。お笑いコンビ・ピースの又吉。又吉のブログの文章とか些細な出来事を見る視点が好きでよく読んでいたので、購入して読んでみた。題名もくだらないようで文学的。自由律俳句と呼ばれるつぶやきとその合間に散文。
 普通なら言葉にせずにただ見過ごしてしまうけど、言葉にすると笑えたり、物語があったりして、たった一行でいろんなことを想像できる、文学的なあるある集。生活や街歩きで面白い発見をするための視点をふやす参考書にもなりそう。
 個人的に贔屓な部分もあるけど、やっぱり又吉の方が面白い。散文では又吉の『ファーストキスが太宰の命日』
と『バイト先で二番目に面白いらしい』のオチが特に笑えた。
 見た光景とか小さい出来事を言葉にしてみることで世間が滑稽になったり、感動的になる。自由律俳句は、自分が面白いと思ったことに見出し、タイトルをつける作業に近い。コレって今やネット上でみんながやってることかもしれない。ブログとかtwitterが広まってる現代だからこそ生まれた本ですな。そのうち有名人のtwitter本とかも出るんじゃろうなぁ。普通のつぶやきが文学になる時代…良いのか悪いのか、どっちじゃろ?
 句のほうは全部で469句。気に入った句を紙に書き出したうちからいくつか残しておく。他にも好きなのがたくさんあったけど書ききれないので、気になったら買ってゆっくり読むのをおすすめしたい。ページをめくりながら本の中の活字で言葉を追うと全然違う。どこか切なさが加わるというか、染み込んでくるというか、活字の不思議…。行間や文字の大きさもイメージを膨らますには必要だ。字体もゴシックではまるで印象が違う。ブログじゃゴシックで統一されるのが残念。ケータイメールの字体も明朝体にできたら、メールのやりとりにも味が出るかもしれない。まぁ、それはそれで渋すぎるか。

 ここまで読んで既に読みたくなった方がもしいればひとまず本屋へGOです。読んだ方は好きだった句教えてください。
“せきしろ”

・蚊に刺されるために生きたような日だ

・醤油差しを倒すまでは幸せだった

・メガネが曇ったもう負けでいい

・その言葉は数年後不意に僕を襲うだろう

・昨年の節分の豆が転がっている

・号泣しながらも三輪車は漕いでいる

・勝利の女神が気を遣い始める

・部屋に蜂が入ってきたもうだめだ


“又吉”

・心中を断られて泣いた

・愚直なまでに屈折している

・「草分け的存在」もっと良い表現は無かったのか

・哀しき言葉の一つとして原動機付自転車免許

・お食事処しかない

・クラス写真折り曲げ二人きり

・別に咲かなくても良かった花とか

・このままでは可決されてしまう

・我が乳首を舐めようと試みた八歳

・ACミラン対ローソンみたいな草サッカー

・いきなり上級生が遠投を見せつけてきた
 この前のアメトークにも出ていた気にしすぎ芸人ピース又吉。コントもピースフルな感じで面白いのでおすすめ。

[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-28 20:22 | 読書

THE SONGWRITERS 佐野元春×岸田繁 ②

ワークショップ

≪連作≫
聴講生のアイディアを合わせて
四行詩を作りそれを岸田が曲にして即興で歌う
最初の一行は『魔法のじゅうたん』より

“君のこと沢山 知ってるつもりだったな”

この一行に触発されて
聴講生が次の詩を考える


そしてできたのが

君のこと沢山 知ってるつもりだったな
タンスの中も 携帯の中も
ベッドの下のエッチな本も
開いて干して食べてしまおう


次々とイメージが広がる感じだ
それを岸田が乾いた声で軽快なメロディにして歌い上げた

もうひとつは八行詩
一行目は『東京』より
東京の街に出てきました
高円寺の駅前広場には
ハチ公はいませんでした
あれから15年…
小さなスナックで働く私は
超能力を覚えました
よろしく東京 さよなら故郷
やりたいようにやってくわ

五行目が決まったあとで、聴講生の中で既にどこかでできているストーリーに向かっている意思が現れた
そこでそのムードをぶっ飛ばす“超能力”

最後の行
岸田のアイディアは
“もう一度あなたに会えました”
それを、聴講生のアイディアを聞いて
“やりたいようにやってくわ”に決定
冒頭から存在している“場末”の雰囲気を
シュッとしたスタイルで
主人公の意志をはっきり見せてまとめられそうだから

コトバからメロディが生まれた
いいコトバからいいメロディが生まれた


こうして沢山の価値観が生み出した一行一行が
合わさってひとつの世界を作るように
文章を書く過程でも、いくつもの自分の内面や、自分でない誰かの気持ちになって
そこからコトバを寄せ集めて、選んで行けたらいいのかな
それとも、純粋に自分の価値観をぶつけるのか

全然違うところで生きてきてる人たちが、……同じ景色をこうやって、…作っていくって言うんですかね、共有することって言うのは、なかなか面白い体験で、これは、自分ひとりで曲書いても絶対できない作業


Q.日本語によるロック表現について
日本語で歌詞を書きたい、思ってることを伝えたい、そういうテーマがある限り、夢中になってそれに取り組めるっていうのはあるんですよね。やっぱり日本語でロックをやるなんてちゃんちゃらおかしい話ですから、とことんやりたいなとは、思ってます。

[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-23 04:56 | 表現

『ドン・キホーテ 前編(一)』 セルバンテス

 騎士物語の読みすぎで、狂ってしまった男。痩せ馬ロシナンテにまたがり旅に出る。彼の頭の中は騎士物語で読んだ風景でいっぱい。風車を化け物と思い込み、なんでもない旅人を敵の騎士だと勘違いしてやっつける。周りから見たら危ない狂人。目の前にこんなおっさんいたら絶対関わりたくない。
 現実ではたいしたことをやっていないのに、ドン・キホーテにかかれば、普通の宿さえ城の中、醜い女中もお姫様。これから先どうなるのか楽しみ。語り口や台詞も洒落ていて、分かりやすい。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-22 23:59 | 読書

THE SONGWRITERS 佐野元春×岸田繁 ①

くるりは『三日月』で一気に好きになった。
TVから流れてきたあったかいメロディ
この三日月を この三日月を どこか遠くの街で見つけたら
この三日月の この三日月の 欠片のことを教えてください

この淋しさを この淋しさを
どうかやさしさに変えてゆきたい
どうかやさしさに変えて届けたい

このフレーズにやられて
聴いてからしばらく頭から離れなかった。
歌詞の淋しい感じが、どこかで聴いたような
やさしいメロディになって自然に染み込んでくる曲だと思った。


<佐野元春の朗読『魂のゆくえ』を受けて>
読む人によってまったく違った印象になるだろうなという感想。

岸田:たぶん、あんまり難しいコトバを使ってないと思うから、余計そうなんかな。

佐野:そうですね。くるりの詞は、本当に、平易な日常のコトバがよく使われていて、それだけに、人びとのココロに入っていったとき、おそらくその人の経験によって、意味というものは変容してくるのかな。だからとても間口の広い詞だなと、そういう感想を、率直に思ったんです。


今回も佐野さんフィルターが効果抜群
確かに平易なんじゃけど、誰にとってもすごく大事にできるコトバ選びがされているなぁと思う。
岸田:いま、やっぱ、個人的には、日本人の音楽を聞きたいんですよね。日本人が、日本語のコトバで、分かりやすく歌ってくれる音楽が聞きたいなと思っていて、で、立ち上がれ日本の人より立ち上がれ日本って僕思ってるんですよ。ちょっと危険発言なんですけど、すいません。


<アイディアはどういうところから生まれるか?>
岸田:いろいろなんですけど、ほとんどがやっぱり身近なものに触れているとき……、身近なものが題材にはなるんですよね。あんまり、“宇宙船”とかは使わない、かも知れない…。


<情景から触発される場合が多いのか、それとも人と人との関係から?>
岸田:人との関係性とかって言うのって、堅苦しいコトバに置き換えると…社会的なものっていう、コミュケーションとか、社会性やと思うんですよね。で、それは絶対、メッセージとしては、僕は歌詞の中なり、それは歌詞の中だけじゃなくて、バンドでアンサンブルを作りあげるときとか、何でもそうなんですけど、季節とか、…んーー…五感を使うものって言うんですかね、(省略)やっぱりそういういちばん素早く反応するもので、説明のつきにくいものって言うのを、…そっから生えてるものを、コトバとして拾っていく…。


普通に暮らしていて誰しも感じてるのにつかみきれていない部分をコトバにすること。
自分が感じたことをそのままコトバにすること。


Q.好きなコトバ
あーおいしい
──自分が言うてても人が言うてても幸せな気分になります。

三日月のPVにぴったり


Q.嫌いなコトバ
……(考えた後)嫌いな言葉はやっぱ言えないです。

なんなんじゃろ?NHK的な意味で?(笑)
でも本当に嫌いなコトバは口に出せないもの。


くるりの曲は聞いてないもののほうが多いけど
今まで聞いたなかでは
誰かが旅立ったり自分が旅立ったりするときの
去っていく淋しさが歌詞の中にあって
その淋しさをメロディでとてもやさしく包んでくれるイメージが印象的。
って、最初と同じこと言っとるな、
でも、そこが自分は好きなんだな。

佐野さんの解説
日本的な叙情を持った歌詞に、
欧米のロックンロールをベースとしたくるりのバンド演奏が加わることで
とてもユニークな表現になる。


次週も楽しみじゃ。

Jubilee

歓びとは 誰かが去るかなしみを
胸に抱きながらあふれた
一粒の雫なんだろう

『Jubilee』

[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-15 14:40 | 表現

タタリ神!?

二年前の屋久島滞在記を読み返して発見

もののけ姫の森近くにあったオッコトヌシみたいな切り株

d0137443_495232.jpg


じっくり見ると、鼻先のコケが生えた部分

そこに着生した根っこが、人間のカタチに見える!

d0137443_412268.jpg


そこはタタリ神となったオッコトヌシを助けようとしたサンが倒れ込んだ位置

もしかしたらあのシーンのモチーフとなったのでは・・・・

勝手な妄想かもしれんけど

時間が経ってから、そんな風に見せてしまう屋久島の自然、改めて深い・・・
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-08-07 04:35 | 屋久島


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング