<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『茶の味』

ニール推薦の映画。
『ナイスの森』の石井克人監督だけど、あそこまでぶっ飛んでない。
とってもピースフルで、落ち着いてる。

ひと言で言えば、“ほのぼの&シュール”な映画。
一見普通でのほほんとしていて、だからこそヘンテコな部分が目立つ春野家の話。
一人ひとりが不思議な世界を持っていて、それが映画の中の現実に現れる。
日本映画にしかない雰囲気で、時々アニメをはさんだり、CGを使ったり、
ホントに不思議な世界観。

逆上がりができないで、大きなもう1人の自分が現れた女の子。もやもやした感情が伝わってくる。
浅野忠信と中嶋朋子のぎこちない会話のシーンも、設定は浅野忠信が昔告白してふられたことになってるけど、他にいろいろあったんだろうなってことを勝手に妄想してしまいそうだった。
馴染みやすい空気感の中で、自分も参加して一緒にお茶を飲んで観るのも良いと思う。

カンヌでも評価されたらしい。
ほのぼの映画に浅野忠信が出てくるだけでなんかシュールになってしまうのはなぜだろう?
そこにいるだけでなんか違和感がある、でもなんとなくいてしまっている。
そして最近、狙ってもないのになぜか、僕の観る映画観る映画に、浅野忠信はいてしまっている。
彼がいてしまうのか?僕が観てしまうのか?

バレエシーンとか謎の歌「山よ」とか、ちょいちょいエンターテイメントなシーンがあった。
それも石井克人ワールドらしい。
ちょっと外した日本っぽさがあって、海外でウケるのも分かる気がする。
最後は泣けそうなシーンもあるし。



おもしろい!

茶の味 グッドテイスト・エディション [DVD]

TCエンタテインメント


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-30 02:59 | 映画

書を捨てよ、町へ出よう

寺山修司

本を読んで映画を観た。
美輪明宏が出てた。

現実と非現実
スクリーンの向こうと客席
それらの境界をなくすような
生々しくて、痛々しい
映像と音楽、言葉だった。
3Dよりも、画面から自分に向かって飛び出してくる映画だと思う。

妹が、ドアの向こうで襲われているのに、助けられずに葛藤する主人公
高校時代に繰り返し観た、岩井俊二監督『リリィ・シュシュのすべて』(主演・市原隼人)を思い出した。
好きな子を助けることができず、泣くしかない主人公(市原隼人)
(『リリィ・シュシュ…』についても、近々書いてみようと思う。)

嗚呼、青春の痛さ…そんな気持ちを思い出させる。

こんな映画今はできないかも知れない
それだけ現代では生々しさが隠されてきたのだなと実感した

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

寺山 修司 / 角川書店



書を捨てよ町へ出よう [DVD]

パイオニアLDC


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-25 01:09 | 映画

ナイスの森

シュールを超えて理解不能消化不能な世界。
途中まで、北野武監督の『TAKESHIS'』に似てるなと思った。
実際不条理な笑いやダンサーを登場させたりする部分では近いものがあったと思う。
でもそれよりもさらにぶっ飛んでいて、もうわけわかんねぇついてけねぇ。
実験的過ぎてつまらんところが多かったけど、
そのなかにどうしても頭から離れないシーンができてしまった。
休憩シーンとか言ってまっ白な画面で3分くらいカウントダウンしたり、
プチプチと画面やエピソードが移り変わる。
次々襲ってくる夢や、シリーズもののCMの連続を見ている感覚。
実際ほとんど夢が題材なのだと思う。

いきなりグロテスクな生き物が出てきたり、変な踊りが始まったり、
闇鍋やると、こんな気分なのかもなぁ。おすすめはできん。
食べてしまった。観てしまった。そんな感じ。

考えると訳わからなくなりそうなので、眺めながら
自分が面白いと思える部分を見つけるような気軽な感じで観れたらいいかも。
長いし次々変なモノ放り込まれるので疲れてしまって一旦中断してしまった。
個人的に後半の方が面白かった。
これ、笑っていいんだろうか?
そんなスキマをわざとねらって来てる。

にしてもキャスト豪華だったなぁ。なんか絶妙に渋いし。
ちょい役も“あっ、この人!”と思うような人がたくさん。


このシーンをYoutubeで観て、僕はこの映画を観てみようと思った。


加瀬亮好きにはそれなりに楽しめるかも。


監督がCMディレクターのせいか、CMに出てきそうな踊り



英語にするなら、Nice より Weird 。
イイとはいえないけど、なんかクセになりそうな気がする・・・


ナイスの森 The First Contact [DVD]

レントラックジャパン


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-21 04:10 | 映画

『アリス・イン・ワンダーランド』

3D映画初体験。
原作から13年後のアリスの物語。

『不思議の国のアリス』を読んだ。
言葉遊びや奇想の連続の夢物語。
夢と同じで論理性はない。まさしくナンセンス。
人間の想像力ってすごいな。


映画を観たのは原作を読んでからだったし、本では挿絵になっていたキャラクターが結構忠実に再現されていて入り込みやすく、上映時間もとても短く感じた。
もっと3Dを生かせたらと思ったけど、技術や金銭的な課題がまだまだあるのかもしれない。
ストーリーは2時間じゃ短すぎたなぁ。もっと不思議の国にどっぷり浸かりたかった。


思想的に考えてしまう自分のクセのせいかも知れないけれど、原作を読んだ自分のイメージとは違って、
子供の頃から見てきたアリスの夢に、赤と白の女王という対立関係を生み出し、
悪を退治して最後には追放してしまうという結末に、アメリカの帝国主義的な部分が現れていた気がして、疑問が残った。
『ナルニア・・・』的な(観てないけど)、アメリカン冒険ファンタジーに納まってしまったアリス。
そこは夢の中まで持ち込んでほしくなかったなぁ。
いろいろ揉めたけど、みんな仲良く生きていこうという結果は理想論なのだろうか・・・・。
ワンダーランドから帰ってきた大人アリスが選んだ道も、ものすごくアメリカ的だし、
今の時代性をよく表してるなと思った。
商業主義を飛び越えた、善悪二元論で終わらせないハリウッド映画が生まれることを願います。
あまり詳しく書くとネタバレしすぎるのでここまでにしとこ。
論理性のない原作のため、アメリカのロジックに無理やりはめてしまった感が余計に目に付いたのかも知れない。
どうせならとことんナンセンスにしてほしかったな。
でも映像とか世界観は入り込みやすくって、これからどんどん3Dが普及したら、
現実世界と仮想の世界、そして夢の世界の境界線はどうなってしまうのだろうかと思わせるような映画だった。

あと、『リトルブリテン』のマット・ルーカスが半分CGながら出ていて、かなりいい味出してた。
ジョニーデップも『リトルブリテン』ファンだとか。そのつながりかな。
なんか見たことあるやついるなと思って、エンドロールのキャストみて判明&感動。

3Dへの興味もあったけど今まで見た映画の中では
一番終わるのが早く感じて、物足りなさ含めて映画の可能性が広がる作品だったのではと思う。

アブリルのエンディング曲も原作にはマッチしないけどカッコ良かった。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-16 23:58 | 映画

『考えよ! ──なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』 イビチャ・オシム

「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」
イビチャ・オシム 前サッカー日本代表監督

5月10日、ワールドカップに出場する日本代表メンバーが発表された。個人的には、岡田監督のチームとしては妥当なメンバーだと思った。選ばれなかった選手で見たかったのはFWの佐藤寿人と田中達也。MFでは直前に候補として名前が挙がっていた小野が入ったら面白かったのになと思う。奇跡を起こすというより、しっかりと戦い勝ち進むという姿勢がこの選出からはうかがえる。
 この本はワールドカップを戦う日本代表と、その先の日本サッカーへの処方箋。オシム前監督は、選手が自分で考え、動くサッカーで日本を世界と戦うチームに育てようとした。そのオシムの哲学は代表だけにとどまらず、日本サッカー界全体に影響を与えたと思う。サッカーをただのスポーツとしてではなく、人生の一部として捉えるオシムだからこそ、日本人の性質や文化、環境まで深く分析して、独自のサッカーを発展させようとしたのだと思う。サッカーを通して日本人のことをよく見ているなぁと感心。それだけサッカーは人間性の表れるスポーツなんだな。
人生で起こりうることすべてがサッカーに集約されていて、サッカーで起こりうるすべてのことが私の人生にも起こってきた。(あとがき)
深イイ。

そんなオシムさんだから言える世界と比べた日本人の弱点とは、
「日本人には責任感がない」とは決して言えない。日本人のメンタリティの問題は「責任感がない」のではなく、その責任感に自分で限界を作ってしまうことではないか。自分で勝手に仕事の範疇を決めてしまい、それを達成すると、「後は自分の責任ではない」と考える。(p94)
サッカーで言えば、
「FWは点を取ることが自分の責任、守備はDFに任せる。」
「自分のマークだけしっかり抑えたら、あとは知らない」
そう考えてしまうこと。これはサッカー以外でも当てはまる。
「自分は知らない。専門の人に聞いてくれ。」
「これだけやっとけば、あとは他の人がやってくれるだろう。」
そんなお役所仕事精神が日本人のなかにはあるのかもしれない。政治家なんかは耳が痛いだろうなぁ
日本の選手たちは、状況を変えようとするときに、相手のプレーに応じて一人で反応し、対応することを学んでこなかった。誰かに、いつも何かを言われなければ行動ができない。「どうすればいいのか」と、いつもコーチにアドバイスを求めないと行動に移せない。「いつ」「何を」「どこで」「どうやって反応するか」。そういう考える力に欠けているのである。(p98)
日本人が自虐的に言う、マニュアル人間ってことか。サッカーにはマニュアルなどない。状況状況ですばやく判断する必要がある。そんなときいちいち「こういう場合は・・・」などとマニュアル的に判断していては時間が掛かる。創造性に自分たちで限界を作ってしまっているのではないか。マニュアル人間という、創造的な言葉を作り出して自己批判しておきながら、結局はいつまでたってもリスクを冒してマニュアルから外れることを怖れてしまっているのかも知れない。
 なかなか厳しいコトバの数々。自分にかかる責任が大きくなるほど、必要以上のリスクは負わない。それは責任が周囲から負わされるものであるからだ。自分自身に責任感を持ち、リスクを冒すためには、何が起こるかわからないサッカー、言い換えれば人生において、「敗北の覚悟」も必要である。
「できる」と自分を信じなければいけない。自信過剰は良くないことではあるが、自分自身を信じることに何の疑いがいるのだ?
 脳梗塞で倒れずにオシムさんが代表監督続けていたら・・・そんな無責任なことは言わず、岡田ジャパンを応援しよう。
 まさにサッカー的日本人論。日本サッカーや、ワールドカップの戦い方についてもするどく書かれていて面白い。監督の哲学によって生まれる「規律」と、選手の「創造性」が組み合わさったとき、見る人の楽しめるサッカーができるのだなぁ。サッカーについて話すのだから仕方ないが、若干横文字が多く感じて、結局リスクって何?という気もしないでもないが、オシム流の、サッカーを通した人生哲学に励まされる。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-13 14:21 | 読書

『今夜、すべてのバーで』 中島らも

自身のアルコール依存症の経験をもとにした小説。安いトリスウイスキーを飲みながら読みたい。かなりおしゃれな題名だが主人公はアル中患者。アルコール依存症に関する資料が詳細に引用されていたり、禁断症状による幻覚もとてもリアルで、酒飲み人間には勉強になると思う。文章からもアルコールに酔った臭いがするのに、どこか醒めた視点の小説。酒を飲まない人にはおそらく酒に溺れたダメな男の物語。
「社会生活が問題なんですよ。一歩病院を出たら、飲み屋やバーや自動販売機だらけなんですよ。病院の外はね、アルコールの海なんですよ」
 駅前には飲み屋が立ち並んで、TVをつけたら美味しそうなビールの宣伝ばっかり。世の中自体アルコールにとり憑かれてるじゃないか。こんな台詞にどこか納得してしまうのは、自分の弱さを認めたくないからなのかな。病院で出会った他のアル中患者や、担当の医師との会話でアルコールについて一緒に考える。
 クライマックスの『アルコホリック家族とネットワーク・セッションによる援助・症例(一)』という資料によって、アル中患者が周囲にどれほどの悲劇を生んでしまうのか主人公は思い知る。それがきっかけで退院し、トリスバーでミルクをストレートで頼むラストはとても感動的だった。お酒はほどほどに。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-11 23:59 | 読書

『寝ずの番』 中島らも

 映画はマキノ雅彦(津川雅彦)監督。小説を読んで、そのまんま映画も観た。
 まぁ~好きなんですわ、ボク、こういうの。泣けて、笑える。 まぁ、泣かへんかったけども、じーんときて、笑ける。落語家一門のお通夜の噺なんやけども、最近落語聴いてるボクにはほんまジャストミートやねん。落語っちゅうもんには、下ネタとか、エグいこととか、タブーみたいなもんを包み込む深さがありますなぁ。・・・・っちゅう、ヘタな関西弁はここらへんにさせていただきまして。
 お葬式にはある種日本独特の雰囲気がある。形式的になってしまう反面、親戚縁者が故人を通して新しくつながっていくような、実は前向きな儀式。それをコメディにするって言うのはある意味タブーなのだけど、『おくりびと』然り、うまく表現すればこれほど味わい深くできる日本的題材はないのかもしれない。
 内容はここでははっきり書けません。教えたらつまらんから。お通夜の後、仏さんを目の前にして、残された人々が思い出話で盛り上がる。そのネタを提供するのが、酔っ払った落語家たちだから、これは面白い。自分も画面の前でお猪口で日本酒を呷りながら、座の一員となって耳を傾けている気分。いつしか宴会のように唄えや踊れやの、寝ずの番。ラストの唄あそびのシーンに湧き起こる泣けて笑える感情はいったいなんなのだろうか?こんなお通夜があるもんなら、親戚縁者でなくても、参加してみたいもんです。自分のお通夜の晩がこんな賑やかだったら、それはそれで嬉しいじゃろな。
 小説では放送禁止な内容がバンバン書かれていたけど、映画では放送コードを考えた修正がされていてそこに注目するのも面白かった。でも映画もかなり原作に忠実で、良かった。
 下手したらアメリカンコメディのようにものすごく下品な作品になっているところが、日本の人情やら粋でうまくオブラートに包みつつ、うまいこと表現されてます。死をも笑いに還元する日本の芸能、お見事。
♪おれの心は トタンの屋根よ
かわらないのを 見てほしい♪
この唄の意味を知りたければ、読むべし、観るべし。いや、でもあまり他人にススメるべき作品じゃないかも知れない。挿入歌のボブ・マーリーのDon't Worry, Be Happyが、英語なのにマッチしてる。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-05 23:06 | 読書

『ヘヴン』 川上未映子

 芥川賞作家、川上未映子。このまえトップランナー観て、どんな小説書くのだろうと気になり、読んでみる。題名から受けたイメージでは不思議な、ふわふわとした内容なのかなと思ったら、正反対、結構重い、いじめの話だった。
 主人公、“僕”は、斜視の目のせいでいじめられている。少なくとも彼はそう思っている。ある時、筆箱の中に<わたしたちは仲間です>と書かれた手紙が入っていた。その送り主は“僕”と同じくクラスでいじめを受けている女子、コジマだった。ふたりは仲間となって、いじめに耐えようとしていく。コジマや、いじめっ子集団の中でいつも黙って見ている百瀬との会話を通して“僕”の価値観が揺れ動く様子が描かれていた。
 コジマにはすべてを受け入れ、どこか達観しているところがある。
私たちはただ従ってるわけじゃないの。受け入れてるんだよ。・・・それは、むしろ強さがないとできないことなんだよ。

わたしがあの子たちの犠牲者だとしたら、あの子たちもまたなにかもっと大きなものの犠牲者なのじゃないかと、そう思ったりもするのです。
百瀬も悟ったような冷めた態度で、ただ目の前の世界を眺めている。
意味なんてなにもないよ。みんなただ、したいことをやってるだけなんじゃないの、たぶん。

自分が思うことと世界のあいだにはそもそも関係がないんだよ。それぞれの価値観のなかにお互いで引きずりこみあって、それぞれがそれぞれで完結してるだけなんだよ。

弱いやつらは本当のことには耐えられないんだよ。苦しみとか悲しみとかに、それこそ人生なんてものにそもそも意味がないなんてそんな当たり前のことにも耐えられないんだよ。
 すべてに意味があるといって受け入れるコジマと、すべて無意味だと自分以外の世界をただ傍観する百瀬。どちらにも自分の世界観をつくりあげている強さがあって、どちらも正しいような気がして、それが、自分の置かれた状況を受け入れきれない主人公を不安にしていくんだと思った。
 トップランナーで箭内さんが言っていたように、百瀬の言ってることが正しいような気がしてくる。どちらが正しいなんていえない、一発でいじめる側といじめられる側が変わることだってある。
 コジマのような、加害者もどこかで犠牲者なのだという見方にも共感できる。中学のときはどちらかというといじられキャラで、ちょっかいを出されていたときがある。友人ノリの延長線上で、深刻ではなかったのだけれど、いじめられる人に共感できるような、嫌な思いをしたこともある。そんなとき、いじめをする人間に対して、家庭とかでストレスが溜まっとるんじゃろなぁと哀れみのような感情を持って見ていた部分があった。そうすることで、理解できない他人の気持ちと行動に理由をつけていたのか。状況を変えるには、まず自分の見方を変えるしかないのかな。百瀬の言うとおり、それぞれが自分の価値観に他人を引きずりこんでいるだけかもしれない。
 いじめに対しては答えがないままだし、考えれば考えるほど何が正しいのか答えなど出ないのだろうけど、主人公の世界に少し希望が見えてきたような終わり方は良かったかな。
 安部公房を読んでるからか、多少コトバの濃度に物足りなさがあった。てか女性作家読んだのほとんど初めてかも。文豪たちとはまた違った感覚。
 コジマが使う造語、「うれぱみん」=うれしいときのドーパミン、など、意味不明で面白いけど、コジマのキャラがよく分からなくなる。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-01 16:44 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング