屋久島 番外編1

宮之浦から父のアパートに帰るため僕はバスに乗った

田舎のバスって感じで、少し古いのか、回数券を取ったけど数字が出ない

運転手(以降 運) 「調子悪いから取らないで」

その故障のせいか知らないが途中でバス会社に止まり、違うバスに乗り換えるように言われた

しかし代わりのバスは明らかにさっきのよりオンボロ

運 「マイクの電源はどこでつけるの?・・・・・・ゴソゴソ」

「・・・・・・発車しまーす」

肉声でアナウンスし始める運転手

大丈夫かぁ・・・・?

最初の乗客が降りるときに、両替で千円札を入れた

ジャラジャラジャラ・・・・・ジャラジャラジャラジャラジャラ~~!!

!?

明らかに出すぎている小銭・・・・

運 「あらら・・・・千円だけ取って」

運転手は困った様子で

「ちょっと電話かけさせてください」

何を話したのか謎のまま再出発

そして次は僕の降りる番、ドキドキ。

降車ボタンを押した~バスは止ま・・・・らない~~

運転手相当テンパっとる!!

僕は恥ずかしさを堪えバスの中で手を上げた

次の駅で降りる羽目に・・・

しかし不運なことに、僕も両替しなければならないのだ

僕 「両替大丈夫すか?」

運 「大丈夫ですよ」 

(何じゃその自信は!?)

さっきの人は千円札だったので500円玉を入れようと思うが

なんと穴に入らない・・・いつの時代の小銭投入口ですか??

運 「ありゃやっぱ調子悪いねぇ」 

(調子悪いけぇって穴がちっちゃくなるんかい!?)

しかも千円札も受け付けない

運転手は焦りに焦って「どうしようもないなぁ、こいつは」といろんな場所をいじりだし

最終的にあきらめて発した言葉に僕は驚愕した

運 「明日払ってください」

僕 「へ??どこに?」

運 「こんな白いバスならどれでも良いんで絶対払ってください」

僕 「はぁ」

バスを降り少し遠い家路に着く。

一駅通り過ぎたことも含め何個トラブルがあったことか

まぁ田舎の信頼感があってこその運転手の結論だとは思う。

島のペースに合わせないとな


d0137443_22475939.jpg

白谷雲水郷でジブリチックな蜘蛛発見→
[PR]
by yuzuruzuy | 2008-09-11 22:43 | 屋久島


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

人気ジャンル

外部リンク

記事ランキング