瑞々しく、見ず見ずしく

今更言わずもがな、いや、書かずもがな、のことではあるが、
僕という人間は、そのときどきに感じたこと、考えたことを、
活字にして残すことに意義を感じる人間である。
ゆえに、自然と、自らが過去に書き綴った文章を見返すことも多い。

今宵もそんな夜であった。
始めてからもう5年になるこのブログはもちろんのこと、
それ以前に、多くの友人に読まれる環境で書いていた某SNSの日記を読み返した。

さすがに月日の流れと文章からにじみ出る己の価値観の変化に直面せざるを得ない。
なんと汚れなき、希望に満ちた過去の自分。
今の自分に、このような文章を平気で書ける瑞々しい感性は残っているだろうか。

それは、向こう見ずな、周りを見すぎない感性でもあるのかもしれない。

周りを見ること、他人の目で自分を見ることを、
ここ数年、自分で自分に課してきた。
その結果、大人になった部分もあるが、
人間的に、つまらなくなった部分もあるかもしれない。

瑞々しく、適度に、見ず見ずしく。

ちょっと格好をつけすぎだな。
過去の自分から、学ぶことは多い。
かといって、過去ばかり眺めていると前には進めない。
でもやっぱり、昔の自分を羨ましく思ってしまうことってあるんだね。

あんときの自分にゃ負けないよって、
今の自分は思わないと。
あんときの自分も全部飲み込んで、
今の自分があるんだよって。


今の、この自分の文章はどうだろう。
五年後、十年後に自分で読んだら、どう思うのかな?
言葉だけいっちょまえに、老成してる感じだろうか?
それとも、20代の瑞々しさを感じるのだろうか?


そして、ここを知って今読んでくれてる人、
どのくらいいるのか分からないけれど、
僕が書いているこの言葉は、いったいどんな感じなのだろう?
文章から感じる印象は、数年前のそれとは変わっているのだろうか?

それを今、知りたいのは、もはや瑞々しくはいられないからかも知れない。


久しぶりに、過去まで遡って、自分について考えた。

チョロQみたく、後ろに戻った力を利用して、
未来へ向けて全力疾走するのみである。

って、こんな幼稚な例えをいまだに書いてしまう自分は、
過去と全く変わってなかったりして。
[PR]
by yuzuruzuy | 2013-02-23 02:39 | 日記


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング