『阪急電車 片道15分の奇跡』

とてもやさしい映画だった。

偶然居合わす不器用な登場人物たちのやりとりの一つ一つが、
人生には小さくてもいろんなドラマがあることを思い出させてくれた。
見慣れた風景だし、地元の人は映画というよりは日常の延長線上の気分で観れるだろう。
自分は同じ地方から出てきた大学生に昔の自分を重ね合わせてしまった。
何年か前の生活圏にぴったりくっつくのに、どこか遠くの出来事のような、ちょっと変な感じ。

少し省かれたところもあるけれど、原作にとても忠実だったと思う。
キャストがみんな良かった。大げさすぎない、本当に電車に乗っていそうな人たち。
ただ、おばさん軍団は強烈すぎた(笑)

自分が始めて阪急電車に乗ったときのことを思い出した。
昔を思い出させるレトロな色なのに、車内は小奇麗で、西北駅は乗り換えの人たちでいっぱい。
この電車に乗り慣れたら少しおしゃれな都会の人間になれるんじゃないかと、そんなことを思っていたな。

不器用なあなたにも、どこかで誰かを勇気づけることができる。
ひとりぼっちで孤独なあなたでも、きっと見てくれている人はいる。
今の日本に必要な、そんな希望を与えてくれる映画だと思う。

電車の中だけでなく、街ですれ違う人々、自分の知らないところでいろんなドラマが起こっている。
おせっかいかもしれないけれど、少し頭を突っ込んで、他人のドラマの登場人物になってみる。
それもいいかもしれないな。
[PR]
by yuzuruzuy | 2011-05-10 23:07 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング