『過去のない男』

片桐はいりの『わたしのマトカ』で名前を知ったフィンランドの映画監督、アキ・カウリスマキの作品。
2002年カンヌ国際映画祭グランプリ作品

ヘルシンキにやってきた男が暴漢に襲われ記憶を失ってしまう。
名前も分からず身の上を証明するものもない男は、海辺のコンテナで暮らし始め、救世軍の女に恋をする。

結構好きな雰囲気重視の映画。
北欧の景色と音楽がとても穏やかな気分にさせる。
『かもめ食堂』はこの映画から影響を受けているなと思った。
登場する女性に少し暗い過去があるのだけど、前向きに、でも無理せず生きようとしている。
フィンランドには人をそんな気持ちにさせる空気があるのかも知れない。

アキ・カウリスマキ監督は日本の小津安二郎映画が好きらしい。
そのためか、ジム・ジャームッシュの『ブロークン・フラワー』やヴィム・ヴェンダースの映画に通じるものがある。
ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』も思い出すし、そこら辺の映画が好きな人にはおすすめ。

映画全体的に、登場人物はどんな状況でも無表情でほとんど笑わず、少ない台詞も棒読みのように聞こえる。
『わたしのマトカ』で書かれていた、感情をなかなか表に出さないフィンランド人そのもの。
これがこの監督の映画の特徴のようだ。
音楽では“イスケルマ”と呼ばれるフィンランドの歌謡曲とR&Rを合わせた独特のもの。
監督が日本好きなのか、クレイジーケンバンドの音楽をBGMに列車内で男が日本酒片手に寿司を食べるシーンもあった。なんとも言えないシュールなシーンで必見。


感情がなかなか読めないから、一度見ただけじゃなかなか分からない。
でも雰囲気が好きだから何度も見てしまう。そのうちに深みにはまる。
フィンランドもきっとそんな国なのだろうな。

記憶がなくても心配ない
人生は後ろには進まん
進んだら大変だ


無表情で男にとても親切にしたり、くさい台詞を言う人々。
分かれるときも何の名残り惜しさもなく、同時に振り返りスタスタと立ち去る。
銀行強盗のシーンでも貫かれた無表情にはこちらが笑いそうになった。
クールを通り越してコールド。でも、寒さを知らなければ暖かさも分からないのだ。

男が預かる警備員の飼い犬、ハンニバル(食人鬼)がとてもいい。

過去のない男 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-04-22 15:48 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング