『グアテマラの弟』 片桐はいり

 片桐はいりのキャラクターと文章にすっかり引き込まれ、古本屋で同時購入していた2作目もすぐに読んでしまった。平和な雰囲気漂うフィンランドが舞台だった『わたしのマトカ』に比べ、今回の舞台、南米のグアテマラでは放っていたって何か起こる。片桐はいりのキャラ以上に、周囲の景色や人々が強烈なエッセイ。
 前作同様文章も表現豊かで、南米の色彩鮮やかな情景が文字を通してあふれ出してくる。このエッセイでは、題名の通り、片桐はいりの弟など、これまた個性豊かな家族たちが登場してくる。彼らを冷静に、かつ愛情深く眺めながら、ユーモアたっぷりに書く文章は、読んでいて笑えるし、心が温まる。
 それにしてもグアテマラで何の気なしに暮らす片桐はいりの弟はすごい。もしグアテマラに行く機会があれば、会わない手はない。姉も姉で、短い滞在期間で、現地の暮らしと人々に、ものすごくなじんでいる。
 特に好きなエピソードは、“歯ブラシとコンピューター”、“トイレとロダン”、“前世と宇宙戦争”、“物乞いとアミーゴ”、“たばこと神様”、“甘い水と苦い水”など、これまたほぼ全て。前作同様、再読必至。歯ブラシとかタバコなど、小道具を巧みに使った文章表現は、役者ならではだし、独特の比喩表現やドラマかコントみたいなストーリー展開も見事。食べ物に関する味覚的なボキャブラリーや、豆知識も豊かで勉強になり、本当に尊敬するしかない。
 片桐はいりの旅番組なんて、やってくれないかなぁ。次の旅のエッセイにも大いに期待しています。


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-04-21 22:30 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

人気ジャンル

外部リンク

記事ランキング