『突撃』

1957年 キューブリック映画

第一次世界大戦における独仏戦争は膠着状態が続いていた。
戦況を打破するためフランス軍ダックス大佐の指揮する部隊に敵陣陥落のための突撃命令が下される。
ダックス大佐は死者を増やすだけだと上司であるミロウ将軍に反対するも突撃命令は覆らない。
結果、無謀な作戦と敵からの絶え間ない砲撃に士気の下がった兵士たちは突撃を実行することができず退却してしまう。
ダックス大佐の部隊は命令に従わなかったとして軍法会議にかけられ、そのうちの3人の兵士に処刑が言い渡される。ダックス大佐は兵士たちを守ろうと軍法会議で上層部に立ち向かうが…。

無謀な突撃命令を実行できなかった兵士たちは“臆病”な罪人として自国によって殺される。
“ドイツの弾が嫌ならフランスの弾をくらえ(ミロウ将軍)”
日本で言えば太平洋戦争での“お国のため、天皇のため”という論理
ミロウ将軍は進軍しない自国の部隊に向けて砲撃しようとさえする。

それにひとりで立ち向かうダックス大佐がカッコよすぎた。
大佐を演じるカーク・ダグラスはあのマイケル・ダグラス(名前しか知らんけど)の父親。
イギリスの文人サミュエル・ジョンソンの言葉
“愛国心は卑怯者の最後の隠れ家”を引用したり、
退却した兵士を批判する将軍に、“臆病な姿こそもっとも人間的だ”と訴えるなど、
上層部への皮肉を込めた言い方がまさにこの映画の伝えるメッセージだと思った。
そんなまっとうな訴えが“理想論だ”と相手にされないところに戦争の異常さや馬鹿馬鹿しさが描かれていた。

突撃前夜の兵士の会話シーンも印象的。
どんな死に方が嫌かと死にざまについて語る男に、聞いていた男が一言
“おれにわかるのはだれも死にたくないってことさ”
“死にたくない”当たり前のことだけど、これが一番ずっしりきた。

88分と短い映画ながら細かいところに鋭い風刺がぎっしり。
『フルメタル・ジャケット』同様、この映画自体が、戦争についての議論のようだった。
ひたすら悲しい特攻隊のドラマばかりつくる日本で、こんな映画はできるだろうか。
もしあるなら観てみたい。

悲劇をただの悲劇として終わらせてしまっては、何も変わらないんだろうな。

突撃 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-02-25 17:23 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング