『ロリータ』

1962年 キューブリック監督作品

原作はロシア出身のアメリカ作家ウラジーミル=ナボコフの小説。
“ロリコン”とか“ゴスロリ”の由来ともなったロリータ…聞いたことしかなかったけどキューブリックの映画があるとは知らなかった。90年代にも他の監督で映画化されている。

キューブリック映画は終わってから味わうなんじゃこれという複雑な感覚が特徴だと思うが、
今回はラストシーンで全身に鳥肌が立った。
冒頭にいきなり結末と思われるシーンを見せて、そこから過去へと遡る演出になっていて、
見る側にある程度それまで起きたことを予想させるようになっていた。
終わってみると自分が予想していたのとは展開が180度近く違っていた。
そこで最後にもう一度流される冒頭のシーンがもう…ゾクゾクゾクッ!
まさかこっちがあっちであっちがこっちとは…。

題名からして変態映画だと思ったけど、そういうシーンは全くない。
なくてもまぁ変態は変態だが(笑)
それでも映像できれいに見せたり、ところどころブラックユーモアを交えて笑わせるのはさすが。

過去の回想が始まってからはゆったりしていてキューブリックっぽくないかなと思った。
だが、徐々に狂っていく展開に引き込まれてあっという間の2時間半。

詳しい内容についてはもうちょっと整理が必要。
キーワードは偏執的な愛、束縛、嫉妬…なんか重いな。
ドロドロな感じをロリータ役の女優の溌剌さが中和していたと思う。
調べてみたら本人はこの映画のせいでなかなか壮絶な人生を送っているようだ…。
書きたいことあるけどあんまり書きすぎたら面白くなくなる気がするのでやめとこ。

なかなか衝撃的な映画だった。

ロリータ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-02-24 16:26 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング