『フルメタル・ジャケット』

1987年 キューブリックの反戦映画

戦時下の狂気をこれでもかと映像化しながら
戦闘から離れた日常場面は微笑ましくもありつつ
それらに似合わない明るい音楽や馬鹿馬鹿しい掛け声とのギャップで奇妙な感覚に陥った。

訓練生“デブ”のレナード(野爆川島似)の始めのにやけた目つきが
最後には別人のように変わってしまったシーンと
ラストのベトナム人女の“Shot… me…”の表情
この2つのカットは一度見ただけで脳裏に焼きつく。

役者の演技力はもちろんだけど、
キューブリックは登場人物一人ひとりに
強烈なインパクトを持たせる演出が上手いのだと思う。
この映画に登場するのもクセのある人間ばかりだった。
狂気の中でこそそれぞれの人間のうちに生きてくるものがあるのだろうな。

ドキュメンタリーのようにリアルに
本気で戦争に向き合い
本気で戦争をこき下ろしているような
いろんな意味で凄い映画。
見ていて自然と身体が画面に近づいたり、離れたりしながら、
自分の感情も激しく揺さぶられる感じがした。

フルメタル・ジャケット [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-02-23 23:55 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

人気ジャンル

外部リンク

記事ランキング