『チャンピオンたちの朝食』 カート・ヴォネガット・ジュニア

 ヴォネガットの小説はいつも話の筋になかなか掴みどころがない。そしてこの作品は今までにましてストーリーが掴めなかった。読んでいて、いるのかいないのかも分からない透明のウナギを捕まえろ!と命令されている気分。狂った登場人物たちによる、でたらめな事実が箇条書きで続いていく。訳者のあとがきによると、“ヴォネガットが書いた最も直接的なアメリカ批判の書”なのだという。確かにその通りで、“ヴォネガットらしい”宇宙を感じさせられる途方もない視点から見たアメリカという国を、かなり痛烈な言葉で批判したり皮肉っている文章が多く目に付いた。例えば、コロンブスがアメリカ大陸を発見した“1492年”について…
先生たちはこの国にこの大陸が発見された、と子供たちに教える。ところが、1492年のこの大陸には、すでに何百人もの人間が、充実した、想像力豊かな生活を送っていたのだ。この年は、海賊たちが、その人間たちをだましたり、略奪したり、殺したりしはじめた年でしかない。p26
 僕はヴォネガットのこういった、国や地球から飛び出したような、俯瞰的な視点から皮肉った文章が好きだ。読んでいる自分も一緒に異空間に連れて行ってくれる。見たことのない景色を見せてくれる。自分が宇宙人であるような気分すら味わえる。他にも、黒人奴隷問題やベトナム戦争についても、ブラックユーモアを交えて書いてある。
 そんなヴォネガットの伝えたいエネルギーは凄く感じられるのだけれど、いかんせんストーリーが意味不明。ついには語り手である作者自身も、創造主として小説の中に登場して、もはや『ソフィーの世界』的混乱状態。
なにがアメリカをこんなに危険で不幸な国、実生活でなにもすることのない人びとの集まった国にしているのか、いったんそれを理解したとき、わたしはストーリーテリングを避けようと決心した。人生について書こう。どの人物にも、ほかの人物とまったくおなじ重要性を与えよう。どの事実にもおなじ重みを持たせよう。なに一つなおざりにはすまい。ほかの作家たちには、混沌の中に秩序を持ちこませておけ。わたしは逆に、秩序の中へ混沌を持ちこもう。自分ではそうしたと思う。p264
 こんな弁解めいた文章もあって、でもこの一節がこの作品をよく表してる。ヴォネガットの小説はどの登場人物も狂おしく、愛らしく描かれているのだ。なんじゃこりゃとしか言えないのは、まだ僕の読書経験、ヴォネガット経験の不足が致すところでもある。しかし、頻繁にはさまれる作者自身によるヘタウマな挿絵も一役買っているし、キルゴア・トラウトやローズウォーターといったほかの作品でなじみのある登場人物も出てくるし、他の作品も含めて何度か読めばヴォネガットの世界がより楽しめると思う。
 作中に出てくるトラウトの『いまこそ話そう』という架空の小説の、自分だけが自由意志を持っていて、他のみんなはなにも感じない機械だ(p317~)という表現は、現代社会の人間関係を言い当てているようで面白いけれど、怖さも感じる。
 ひと言じゃ言い表すことができない“その他いろいろ”なもの。そこに人生の実質があるのかなぁ?
 今まで読んだなかで良くも悪くもいちばんデタラメな小説だと思う。日本語では際どい(てかアウト!?な)ワードも多いので、原文で読んだほうが楽しめるかも。


[PR]
by yuzuruzuy | 2011-01-15 01:15 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング