『夫婦茶碗』 町田康

 最近ユニクロのCMでよく見かける、パンクロッカー作家町田康の小説。
他の3人が遠くを見据えたメッセージを主張してる中で、世界中みんな大阪弁喋ったらええねん、しまいには“そういうことです。”だなんて、おもろかっこよいことかましてはります。

『夫婦茶碗』『人間の屑』
 どちらも駄目人間の話。働こうとして、まともになろうとして、でも根っからのいい加減さのせいでベクトルは必ず負の方向。不幸な人の話なのに、読む人に楽しませる想像力があって、笑いとばせる。空想が暴走してSFみたいなところもあり、語り手が酒のみながら目の前で聞かせてくれるような落語みたいな話。
 何より今まで読んだことない、難解そうに見えて読むと親しみやすい文章に驚いた。難しい四字熟語を並べたかと思うと、あぱぱぱ。ちゃわおっしゃー。わちゃあ。なんて大阪の変なおっさんの独り言みたいな台詞が次のページでは連発。思った以上にリズミカルに読める。カラフルな文章、言葉のミックス大洪水じゃー。
 どちらもラストが泣ける。個人的にはどちらかといえば『人間の屑』のラストが狂っていて好き。読んでいて2回くらい、昔見た夢の断片がデジャヴのように一瞬パッと頭の中に浮かんだのだけど、確かめようとその箇所を読み直してもそれがどんな夢だったかは掴めなかった。町田康の文体が僕の無意識にまで働きかけたのか?
 中島らもからも似たようなものを感じたが、一般的に明るいイメージがある関西人が関西弁で表現する独特の哀愁、笑かす、泣かす、ペーソスがたまらなくうらやましくなる今日このごろ。


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-10-09 23:45 | 読書


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング