屋久島紀行 2010 三日目 宮之浦登山 ① 淀川登山口~花之江河

【宮之浦岳 登山】

4:30 起床
昔の人がいろいろ出てくる長い夢を見たような、
自分がいる場所がよくわからない気分で目覚める

5:00 車で登山口へ向かう
縄文杉へ向かう荒川登山口よりさらに島の奥の、高い位置まで

6:00 淀川登山口 出発
天気も悪くないようだ
連休明けのせいなのか、縄文杉に比べマイナーな登山道だからなのか
登山客の車は2、3台
僕らを含めスタート地点には二組だけだった

6:40 淀川小屋
d0137443_22384285.jpg

朝食に持ってきたパンを食べる
トイレに行った
登山客の排泄物が屋久島の森へ及ぼす影響は深刻
携帯トイレを持ち運ぶことが勧められている
水洗は森を汚すため、汲み取って持ち出すらしい
森の澄んだ空気の中で嗅ぐ排泄物の臭いは
ただただ鼻にツーンとくる
森の香りなんていうトイレやお部屋の消臭用品があるけど
現実では森の香りを、反対に人間たちが消臭してしまっているんじゃないか
そんなこと言いながらもガマンはできないので用(小)をたす僕であった

6:50 淀川歩道橋
d0137443_22424538.jpg

d0137443_22483598.jpg

朝日が生み出す緑のコントラストがとてもキレイ

7:10 淀川登山口から2.0km 宮之浦岳まで6.0km

7:26 第1ヤクシカ発見 今回初の鹿との対面
こんな森深くにいると、人間に会うこともほとんどないのか、
親子で何度もこちらを振り向きながら山道を歩いていた

7:47 とある展望スペースで
この登山中にどうしても見たかったのは
このアルパカみたいな木の幹
d0137443_2331351.jpg

…ではなくって、コレだ
ワン・ツー・スリー (某ランキング番組風)
d0137443_2354427.jpg

それまでかかっていた霧が一気に晴れて姿を現したのが
高盤岳と呼ばれる山の頂上にドーンと乗っかった大岩
通称“豆腐岩”
大きさが分かりづらいと思うのでもう一枚
d0137443_23135048.jpg

この割れた岩のひとつが転げ落ちたら昔話のおむすびころりんみたいだな
そんな事を思い浮かべた
でもホントにこんなものがなんで頂上にあるんだ?
流行に乗っかった言い方をすれば屋久島は島そのものがパワースポット
不思議なチカラに溢れてる

8:09 小花之江河(こはなのえご)
尾瀬のような高山湿地帯で
近くの花之江河の縮小版
日本庭園のよう
天気が良いので背景に高盤岳が見えた
d0137443_2338354.jpg


8:22 花之江河
宮之浦岳まで3.8km
ちょうど半分すぎたくらい
d0137443_23425152.jpg

ここでしばし休憩
クマバチみたいなのがストーカーみたいにブンブンついてくるので
上着を黒から白にする

しっかし、天気が良かった!


ここから高山地帯の岩場、険しい道へと続く
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-07-20 23:08 | 屋久島


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング