屋久島紀行 2010 一日目

屋久島到着後、父親の車に乗る

そばを食べて、車で父の勤務先の屋久島おおぞら高校へ

d0137443_229557.jpg


こういうところです

空から見下ろすと羽ばたく鳥の形をしていて

その頭が指すのは大宰府天満宮の方角らしい


そこから、近くの平内海中温泉

名前のとおり、海中にある温泉

入らなかったけど、夜に星を見ながら浸かったらサイコーだな

d0137443_2424895.jpg



その後、大川(おおこ)の滝へ

毎回訪れるのでこれで3度目

何度行っても、 THE マイナスイオン。

水しぶきが霧のように迫ってきて

少しいるだけでスッキリする

屋久島のなかでもかなり好きな場所だな

梅雨でたまった水が流れて、今まででいちばん幅広い流れだった

d0137443_2405923.jpg



そこからアパートへ向かう途中

あのおじさんの家に再会

玄関前のスロープは、前は無かったと思う

もう完成して、若干古びた雰囲気を醸しだしていた

おじさんはどうやら不在のようだ

d0137443_247143.jpg


別荘として使ってるのかなぁ?

ワタミの社長の別荘もあった

こんなところに別荘、ちいさくていいからほしいなぁ


父のアパートに着いて

畳の上でねっころがったら、あまりにも気持ちよくて寝てしまう


夜は、父親の仕事先の人と焼肉

少し堅苦しかったけど、お酒を呑みながら鹿の肉を食べた

おじさん相手にお酒を注ぐ作法は、何度やってもメンドーだ


そのあと夏祭り

花火を見た

二年前に会った父の職場の先生たちに会った

みんな生き生きしてみえた

d0137443_2593227.jpg


父はベロベロ

他の先生が送ってくれるというのを“大丈夫”と断り

歩いてアパートへ向かっていく途中

寿司屋に寄る

握ってくれた若い職人さんに

「美味い!これは本物じゃ!大将より美味いよ!」

などとまったく真実味にかける褒め殺しで

横のぼくも若干意識がモウロウとしながら

「すいません、酔っ払ってて。でもおいしいっす。」

とフォローするしかない

父と飲むときはこれだから気が抜けない

結局タクシーで帰った

部屋にでっかいカミキリムシがいた

さすが屋久島

気が抜けて、前日も睡眠は3時間くらいだったので

電気をつけたままぶっ倒れた
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-07-18 23:59 | 屋久島


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング