『アウトレイジ』

出てくる人全員が悪人
何が正義だ悪だとかいう見方がぶっ飛ばされた
outrage=非道、暴力
その名の通り、強烈な暴力シーンがあったけど、
思っていたより後味は悪くなかった
残酷な銃撃シーンでも、そのバーン!という音と共に
いやな印象も一瞬で消えてしまうのが北野映画の特徴かも

フランス人記者に、「このような暴力映画を撮って、社会に悪い影響を与えると思わないのか?」
と聞かれた北野武が、
「暴力映画以前に、映画ができて100年くらい、たくさんの感動する映画や、愛情映画があって、それが社会に影響を与えているのか?イラクで何が起きてる?アフリカの飢餓だって無くならないじゃないか。そこをみないで暴力映画ばかり責めるのはおかしい」
と答えると、フランス人記者は「・・・・はい」と黙りこんじゃった。
そんなエピソードをTVで聞いて、観たくなった。
映画が悪いんじゃない、それを受け取る自分たちを見直せよ。ってことかな?

めちゃくちゃ残虐なのかと思って観たのと、この前観た『乱歩地獄』のグロさが残っていたので、
観ていられないほどではなかった。

加瀬亮が演じるインテリやくざが話す英語が不思議なスパイスになって
個人的に面白かった。そこは世界を意識した部分なんじゃろか。
裏社会の知識に乏しい自分には分からない用語があったり
団体同士のしがらみが、若干の消化不良。
自分の知らないいろんな世界があるものだ。
まぁ、あまり深く知るべきではないのかもしれない。

それでも、上下関係や、争いごとは、世界中どこでも起こっている。
ある意味普遍的テーマを持った映画なのかもしれない。
[PR]
by yuzuruzuy | 2010-06-13 23:59 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング