書を捨てよ、町へ出よう

寺山修司

本を読んで映画を観た。
美輪明宏が出てた。

現実と非現実
スクリーンの向こうと客席
それらの境界をなくすような
生々しくて、痛々しい
映像と音楽、言葉だった。
3Dよりも、画面から自分に向かって飛び出してくる映画だと思う。

妹が、ドアの向こうで襲われているのに、助けられずに葛藤する主人公
高校時代に繰り返し観た、岩井俊二監督『リリィ・シュシュのすべて』(主演・市原隼人)を思い出した。
好きな子を助けることができず、泣くしかない主人公(市原隼人)
(『リリィ・シュシュ…』についても、近々書いてみようと思う。)

嗚呼、青春の痛さ…そんな気持ちを思い出させる。

こんな映画今はできないかも知れない
それだけ現代では生々しさが隠されてきたのだなと実感した

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

寺山 修司 / 角川書店



書を捨てよ町へ出よう [DVD]

パイオニアLDC


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-05-25 01:09 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング