9 SOULS

9人の脱獄囚の物語

かなりシリアスなイメージと
板尾&千原ジュニアの演技に期待して観た

脱獄した9人が荒野を走っているシーンでの、
人物紹介の仕方が刑事ドラマチックだったり
やたら立小便してたり、元AVの帝王役の板尾が牧場の羊とFu〇kしようとしたり
なーんちゃって、ちゃーんなっての掛け合いとか、変にコミカルなところがあって、
テンションが良く分からない。

そうこうしているとそれぞれ脱獄囚のストーリーが始まっては終わっていく。
その繰り返しで、一人ひとりの持つ影についてあまり深く掘り下げられなかった。
説明不十分なまま、暴力シーンが過激で、そこまでやらなくても…と思ってしまう。

監督には世の中に対するかなりの不満があることは分かった。
でも最終的に伝えたいことがなんなのか分からなかった。
分からなくていいのかもしれないし、9人のうち誰かに共感できたらいいのかも知れない。
そのためのストーリーが薄すぎたと思う。

松田龍平演じる主人公の、チャラい弟役が瑛太でびっくり
『鴨とアヒルのコインロッカー』以前に、こんなところで共演していたのか。

割とすぐいなくなったけど、マメ山田って人がいい味出してたな。


付け焼刃のジャックナイフみたいな映画。
あまり感情移入はできなかった。
期待しすぎたかも。

ナイン・ソウルズ [DVD]

ポニーキャニオン


[PR]
by yuzuruzuy | 2010-04-21 09:09 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
きょうこそ
at 2014-07-04 01:31
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

人気ジャンル

外部リンク

記事ランキング