ティファニーで朝食を

村上春樹が翻訳した小説を先に読んで、この有名な映画を観た。
小説のほうは村上テイスト全開。
やっぱりアメリカ文学が原点なのかなぁと納得する翻訳だった。

ヒロインのホリーは、部屋の表札にTraveringと書いていて
自由奔放に男を振り回す美女
翻訳のせいもあるけれど、他人に馴れ合いを求めない性格は
村上作品に出てくる女性たちと似た雰囲気があった
それはアメリカ、NYの多様で自由な暮らしの空気があってこそ本物のロックで、カッコ良い
閉塞的で画一的な日本の内で描こうとすると、なんだか病的で、息苦しく感じる
そこが村上作品が生む、アメリカ文学にはない孤独感の源泉なのかもしれない。


映画のほうは、オードリー・ヘップバーンが主演
コメディ的な要素とお洒落な雰囲気がマッチしていて良かった
ホリーのアパートの住人ユニヨシさんという日本人写真家がやりすぎていておもしろい
出っ歯の黒縁めがねとアヒルみたいな声
世界から見た当時の日本人はこんなだったのか?
外国映画で観る日本人て、どこかマヌケに見えるのは、文化の違いでしょうがないのかなぁ

ホリーの生き方を通して
本当の自由とは何か?人生とどう向き合うべきか?
そんなことを考えさせられる。

たとえそれが窮屈で、不自由に感じたとしても
誰かに必要とされて人は生きているんだと思った。
他人との間に壁をつくってしまった時点で、その向こうには行けない
どんどん壁をつくって、結局自分の周りは壁だらけ
自分では自由な気になっていても、実際は狭い壁の内側で意味もなく這いずり回ってるだけ
一方で、狭い壁の内側だからこそ、より深く掘れるとも言える
翼か、はしごでもなければ出てくるのが大変だ
それをくれるのも周りの人なんだろうな
いずれにせよ、他人と向きあうことは、自分の人生と向き合うことなんだと再確認


ラストシーンでは、ホリーの心のベルリンの壁が崩壊しました。舞台はNYじゃけど。

ティファニーで朝食を [DVD]

パラマウント ジャパン


[PR]
by yuzuruzuy | 2009-12-24 15:54 | 映画


つまらない、面倒くさいを、面白く。


by yuzuruzuy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

さらば
at 2014-09-25 04:35
イタいのイタいの、飛んでいけ!
at 2014-06-14 23:03
いろいろあるけれど
at 2014-06-05 03:56
「ママ、しまじろうのお顔、ご..
at 2014-05-04 01:25
ニイハオ
at 2014-04-29 01:21

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 03月
more...

カテゴリ

全体
日記
独り言
つぶや句
読書
映画
広告
写真
表現
SLT
夢日記
屋久島
自転車de東京
欧州一人旅
回文
未分類

タグ

検索

我的書架

ブクログ

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング